タグ: ゲッター

何の話

gensui

お世話になってる方から幻想水滸伝の坊ちゃんとグレミオというリクをもらっていたのを描いたんですけど、思い入れが明後日の方向に着地してて今見るとすまんかったとなっています。
幻水は2から入って1をやった人です。3もちょっとやったんだけど、3はシステムに馴染めなくて序盤で投げてしまった・・・。
キャラ的に1番好きなのはヒックスで、2→1という流れで1ではヒックスが大きく扱われるイベントがあったのと舞台が戦士の村っつー事でめっちゃソワソワしながらフリックさんを連れて行ったら村の人がフリックさんについて全然触れてくれなくて「な、なんでや・・・!」となった事は今でもよく覚えています。(ようフリック!みたいな事を言う人は1人いた記憶はある)
今でもヒックス・テンガアールとフリックさんは故郷繋がりでゲーム中にそんな描写は全くないけど実は仲が良いと思っています。脳内の話です。
幻水の話を振られると脊髄反射的に「あのっ、ヒックスが好きで!」と言ってしまうのですが、友人に「何でそんなに思い出すのに時間のかかるキャラが好きなの?!」って真顔で返されたことについてはワッハッハとしかいえない上に思い出すのに時間のかかるキャラっていう表現はめっちゃ的確だなーって思った。
ヒックスっていうのはテンガアールと一緒にいた男の子です。私は大好きです。

 

t160709b

先日のダイナミワンドロのお題がデヴォリューションだったので描いてきた竜馬。
デボゲ1巻とウルトラ8巻(特想版)を無事ゲットできたので噛み締めている。
ゲッターの話書いてたけどデボゲ1巻出たばっかりのこのタイミングはしない方がいい話かもしれないと思ったので一旦消しました。ごめん。そこはネタバレも何もとは思ったんですけど一応。
とりあえずゲッターが何かわかんなくてもデヴォリューションから入っても全然!大丈夫だと思うんですよ!

Categories: blog Tags: ,

勝手に仕上げていく+デボゲ2話

sakunoji kiuro

人様のラフ勝手に仕上げていくを消化していくの巻き。
1枚目はさくのじさん、2枚目はきうろさんのラフを仕上げさせて頂きました。なるべくラフにそうようにとは意識していますが、表情とか雰囲気とかの微妙なニュアンスをひろってくのが難しい。自分の絵だとまあいいやって流しちゃう事がままあるんですけど、元絵の良さみたいなものはやっぱり前面に出していかしたいので頑張ってる。頑張ってるけどなかなか。
さくのじさんのは水彩っぽい雰囲気を押し出して塗ってみようかと悩んで透明水彩のテクスチャをあてたりしてたんですが、何か違う気がして結局なんか大体いつも通りの塗りになりました。
きうろさんの分はなんとなくペン設定変えて線画作ってみたんですけど、ペインター使用前提の場合は別にしなくてもよかったような。イチゴねちねち塗るの楽しかった。
ところで私何気にアイクって描いたことなかった。

 

ゲッターデヴォリューションはとりあえず1話目だけは雑誌で読んで以降は単行本でまったり待とうと思ってたんですけど、2話が隼人の話だっつーので本屋に行ってきました。
というわけで追記にデボゲの感想です。
ネタバレしない範囲の感想をいうとゲッターだと思って読んだらエロ漫画の導入部分だった。
Read More

いろいろ

160102

髪の毛を塗る用に刷毛っぽいブラシを作ったので試し塗り作業を兼ねて仕上げた乳兄弟。
色の浅い淡い感じにしようと思っていたものの、やっぱりコントラストあげてしまった。
ここ暫くは影やハイライト用のレイヤーを細かく作りながら塗っていて、これもそういう風に塗ってたんですけど途中でやめました。中間調の色を出しにくくて・・・。
線が多い割には密度が高く見えないのは良いのか悪いのか。
とりあえず色使いを多少淡くしたいんだよなー。あまりギラギラしすぎるのはよくない気がしてて。

 

160102b

オルフェンズちびち消化してます。今3話まで。
オルフェンズは鈍器で殴りあうような戦闘がいいなぁと思いつつ見てます。バルバトスは武装が鎚矛ってのがいいですね。

 

160102c

あとダイナミワンドロにて。
おこた新ゲ。早乙女研究所のどっかです。きっとどこか。
描きながら竜馬の家の電気きっと止まってるんだろうな・・・おっそろしく寒いんだろうな・・・って思ったら途端に切ない。
今回ためしにクリスタのパース定規あてて描いたんですけどいまいち狙ったパース感にしにくいんだよなぁ。まあ慣れだとは思うので枚数こなさな。

 

・拍手レス

>南枝さん
どうもご、無沙汰しております!あけましておめでとうございます。
なにやら日増しに節操のない感じの場所になっていく気がしますが、よろしければ今年もお付き合い頂けますと幸いです。