ライティングの雰囲気が出ない問題について久しぶりにカラー&ライト引っ張り出してきたり動画や写真を漁っていたのですが、明暗の差が足りないというよりは(それも多少はあるのですが)光と影の面の構成が甘い方に問題があるのではと

 

久しぶりの自由研究ですが、イラストを塗る工程をベース+影+ハイライトの3ステップくらいで考えて塗っていたのですがそもそもその前提から考え直した方がいいというか。
ハイライトが入るかどうかって材質質感によるところなので、何でもかんでもこういう工程を踏む必要がないというか。まあ考えてみれば当たり前ではあったし、イラストの見栄えを考えた時にこの3ステップで塗るというのは結構大事だしそれはそれとしてアリなのですが。
結局のところ思い込みで描きすぎなのと対象の観察が全然足りてないということなんですよね。大体いつもこれですよ。
とにかく面の単純化の意識が足りてないことが絵が見やすくないとかライトの雰囲気が出ないとかそういう事に繋がってるぽいし、前提として面が整理できてないまま中の諧調(例えば2影とか3影とか)や面同士の馴染ませが過多なのが諧調が多すぎて工数の割には画面がよくわからん問題になっておりマイナスの要素として作用しているというか。つまり全体の明暗設計を単純化して面としてきちんと構成できれば良いということかな。

 

というわけで今回やった処理のメモです。
とにかく2色くらいで明暗の形をとってその雰囲気を崩さないよう上のレイヤーに細かい色味や描きこみを加えていき、面の雰囲気を損なったと思ったら2色構成のレイヤーから面の形状を読み込んで面を整理するということをやっています。
やってみて気づいた事としては自分は細かい色を足して描きこんでるうちに面の境界がぼやけてきてそのまま全体がぼやーっとしていたので、面の形状・雰囲気を維持するというのはわかりやすい絵作りのためにかなり大事な要素なんだなと感じました。

 

あとはこう塗りこみ作業前にモノクロでライティングの参考レイヤーを作っておいて、これをオンオフしながら全体の雰囲気を確認しつつ塗ったらめっちゃやりやすかった・・・別に無理にモノクロを塗りレイヤーとして活かす必要はないんだよな。ちなみにお仕事だとラフの段階で光の設計をしたものをラフとしてお渡しすることが多いのですが、趣味の絵でもこれをやればよかったんだよな・・・どうにも面倒が勝って・・・


画像が多くてわかりやすかった動画

お題箱から数百の山賊を退けた白馬に乗ったロウエン様です。
白馬仕様については完全に私の好みで・・・うちではいつもウォルトの父親がロウエンです。

 

色の塗り方について何とかしたいと考えてる。
昨日のオデン絵でライティングの雰囲気を出そうと頑張れば頑張るほど画面がぼやけてしまっていたのが気になっていて。それは昨日の絵に限らずこれまでの絵に共通して言える現象だったので何がどうしてそう見えるのかと上手い人の絵を見たり写真を見たりしていたのですが、ためしに自分の絵をモノクロにしてみたところ思っていたよりも明暗差がないわりには色の諧調が多いこと、光の当たる所が白飛びしがちなこと、あとは彩度が低すぎて色味が薄い上に色使いが全体的に暗いとかその辺がライティングの雰囲気が出ない要因かなと。
ロウエンのイラストはためしにモノクロから作ってみたのですが、これは影が濃くなりすぎるのと色のコントロールが難しくて自分はあんまり向いてない。
また立体感を出そうとエアブラシでグラデーションを足していくのが色がクリアに見えない一因っぽいので気を付けます。昔からなんですけど自分の塗り表現に自信がないので色の変化がないのが不安でグラデーション入れちゃうんだよな・・・これはつまり面で絵を構成できていないという事にもつながっている気がするので、面・・・面かあ・・・
あと追記にメイドさんです。
Read more

オデン、呪われ王子の冒険がよすぎたので軽くコルネリウス描くかー、からの色々描いてしまった。コルネリウスめちゃくちゃよかったのでプーカの姿とあわせて人間の姿も描きたいししベルベット姫もやはり一緒に描いておきたいでこう。
今は妖精の国の物語をやっていますが、メルセデスとカエルの関係は良いですね。しかしオズワルドが死神に連れられて行ったとかの話を聞いてちょっと悲しくなっています。ワルキューレ編とは別軸の物語っぽいし、そこはしょうがないのか・・・
あとメルセデスの操作に慣れなくて大丈夫かな・・・とやや不安になっています。リロード必須なので自分の腕では結構その隙がでかく感じるというか。

 

ツイッター運用しなきゃと思っていたと思ったら今日はツイッターアカウント全部爆破したい・・・となったりで、気圧変化をちょっと疑っています。アホなのでネット上であんまり喋らない方がいいと思ってるんですけど、それでも喋りたがりだし誰かに聞いてもらいたい気持ちもなくはないということで困りました。
べこっといく周期が大体3ヵ月間隔だという事が日記のログでわかっていて、毎年3月にでかい暗黒期がきてて4月に持ち直し6月前後でまたべこっと沈むのがわかっているので気を付けます。

 

あと追記にメイドさん(かまち)です。
Read more

いま紫陽花が綺麗に咲いてるのでなんか1枚描きたいなと思って紫陽花ちゃん。
紫系の色は綺麗だけどどうにもうまく扱えません。塗りこんでいくとどんどん濃く沈んでしまう。
腰痛めて動けない期の反動がきてるのか創作絵ごりごり描いてしまっているのですが、今描きたいものは大体描いたので一区切りです。
動けなかった間はYouTubeでひたすらお絵描き系動画を見ていたのですが、SNS映えする絵の描き方とかフォロワーを増やすにはみたいなお話をいくつか見て噂のつよつよ絵師とやらになりたいぜと思ったのですが総じて向いてないぜと思ったので特に実践はしていません。してませんというかしたくても向いてなさ過ぎてやりたくてもできないという方が正しい。そも現状ツイッターは忘れられない程度に絵を投げる状態だしなあ・・・。日常は基本ここか鍵ですし。

オーディンスフィアの呪われ王子編が終わりました。
コルネリウスずっとかっこよかったな・・・ワルキューレ編のときはグウェンドリンの揺るぎない心の支柱みたいなのがなかったので話を進めるほどに不安になっていたのですが、コルネリウスはずっとベルベット姫を愛しているがぶれなくて姫のために戦い時には民のために行動を起こしといった風だったので安心感が凄かった。
プーカに姿を変えられそれは絶望だとも話していたけど、それでもベルベットへの愛は変わらずそこをずっと貫いてたのは本当に好感度がめちゃくちゃ高かった。かっこよすぎて最後泣いちゃったよね。凄く良かったので何か1枚描きたいですね。

クリスタでの油彩っぽさの追求をしていました。
油彩っぽさ・・・具体的にはどうしたらいいんだと思って油彩作品をたくさん見つつ、とりあえずは色が単調にならないようにする事とあとは光と影をしっかり描けばいいのかなと思ってひたすらそういう方向にふってみたのですが、もっと画面がぼこぼこしてるとかざりざりしたタッチ感が多いとかそういう部分を作った方がいいのかもしれません。わからん。
スカートの部分は結構うまくいったと思うのですが、でもこういう描き方で肌を塗るべきではなかったのかも。肌だけはクリアに作ろう・・・キャラクターイラストとしてちゃんと可愛く見せたいですからね・・・

2枚目のはツイッターに投げた後油彩っぽくならないかなーと思って手を入れました。油彩っぽいかはちょっとわからない。

 

油彩っぽいCGへの憧れってそれこそ生まれて初めてCGに触った頃からずっと抱き続けているものなのですが、クリスタにも慣れてきたのでそいう表現の追及ができないかなーとブラシいじりつつ油彩っていうかペインターの疑似再現みたいになった。そもそも油絵を描いた事がないのでどういう描き方をするのかという事すらわからないのですが、なんか塗り用ブラシとしてはいい感じにできたので今後はこれを使っていこう。
油絵と言えば昔神戸のフェルメール展にいったとき一緒に展示されていたフランス・ハルスの絵がフェルメールよりも自分には刺さってなんとなく覚えているのですが、氏の作品をネットや書籍で探したりしてもあまり見る事ができず。もっと色々見たい。

黒い服の上に白い大きなレースをまとった少女のイラストが描きたいという事を4月から考えていたので、少し時間ができたこともあり今のうちに描いてしまおうと思ってそういう絵です。
レース、適当に処理したところが少し悪目立ちしてる気がするので後でなおします・・・レース作る作業ずっとやってられるな・・・

オーディンスフィア、ワルキューレ編が終わりました。
途中あまりにも愛されない愛を受け取れないグウェンドリンが苦しそうで見ていて辛かったのですが、ちゃんとオズワルドの愛を受け取り彼を愛するところまでいったので良かった・・・オーダイン王も最後の最後で少し親としての情が見えたような気がします。
ずっと愛されずにいたせいかグウェンドリンが自分の愛を幻だというのはなかなか苦しいものがありましたが、その幻を大事に想う気持ちがあるならいずれはそれは本当にあるものだと気づく日も来るでしょう。
ちゃんとグウェンドリンが幸せになれそうな空気でワルキューレ編が終わり、そして次は呪われた王子編がはじまりました。
実はオーディンスフィアってずっとグウェンドリンの話だと思ってたので、他の人のストーリーあるんだ?!ってなりました。思わず公式サイト見に行ったら操作キャラまだいましたね・・・オズワルドとかベルベットも使えるんだ・・・オズワルドはなんでグウェンドリンを愛するに至ったのかその過程はわからなかったのでオズワルド編?でそのあたりのことをやるのかな。楽しみだな。

 

じわじわと原稿作業を進めています。ずっといってるけど塗りが上手くなりてえ。

 

先日の本に感想を頂いておりまして、ありがとうござます。
自分の作品ってどんどん悪い方向へ考えてしまうのでイベント後は特に落ち込みやすくなっていることもあり、大変ありがたいですね。

ワートリ水上。
昨日水上メイキングがいっぱい流れてきたので水上描いてみようかな・・・と思いつつイコさん描いちゃったので今日は描きました。
原稿作業で結構なカロリーを使っている事もありここに書くことがあんまりないです。アンソロ用なので経過ものせられないですしね。今メインの線画が終わったところで、自分にしてはよく描けていると思うので着彩で台無しにしないよう気を付けます。塗りスキルほしいぜ。

ワートリのイコさん。ゴーグルで関西弁でめっちゃ強くて料理がうめえというびっくり属性モリモリお兄さんイコさん。1回描いてみたかったのを今日ちょっと余力があったので形にしました。

 

あとこれはリリカルなのは。作業用に曲を流してたので。
なのはについては何も知らないんですけど、でもあのデザインで装備品ががっちゃがちゃしてて水樹奈々さんが歌ってるのでそらオタク心はぐらぐらくるよねっていう。

 

じわじわとオーディンスフィアを進めているのですが、最初の方からずっとオーダイン王に尽くして国のため身を粉にして戦っているのに愛されることがない上にグウェンドリンの意志が尊重されなさすぎて悲しすぎる・・・
愛されずにきたせいかオズワルドの愛をうまく受け取れていない印象です。オズワルドも愛の自覚があるのかはちょっと怪しい所はあるけどあれは愛だよ。
ちゃんとグウェンドリンがオズワルドの愛を受け取ってそれから誰かを愛せる物語であってほしいです。十三機兵のラストを思えばきっと酷い結末にはならないと信じていますが、それでもあれは見ていて辛いものがある。