タグ: イース

ひたすら休んでみたところ、らくがきをする気力は戻ってきました

 

バルドゥークがちょっと恋しいイースらくがき

Categories: blog Tags: , ,

日記はあとで書きにきますが、とりあえず昨夜イース9をクリアしてこれがめっちゃ面白かった!ので色々話したくて以下感想をつらつらと。

 

イースシリーズは5あたりのアドルさんのあのビジュアルくらいしか知らないド初心者がここから入ってみたイース9!
でしたが、正直予想以上にめちゃくちゃ楽しめてしまったし、ラストバトルの流れを見てアッこれは是非他シリーズをやってみたいと思わせてくれるほどには良い作品でした。
中世ヨーロッパ風の街並みに剣と魔法のいかにもなベタな要素満載の物凄く王道だなーって感じのJRPGだったのですが、ここに異能アクションが加わる事で世界がガンッと広がって独特の雰囲気のゲームになっていました。
そもそもイース9についてはツイッターで見かけた壁走りと屋根の上を歩ける要素にひかれて興味を持ったクチなのですが、ぶっちゃけそこに関しては散策のオマケ要素なんだろうなーくらいに思ってて。
いざ蓋をあけたら異能を駆使しないと前に進めない構造になっており、壁を走って高所を目指しそこから更に飛行して目的地を目指すのが基本アクションみたいになってましたが前後左右に加えて縦軸の行動ができるという事でこんなにも行動の選択肢が増えるとは・・・という状態でした。「コレできそうだからやってみよう」の範囲がめちゃくちゃ広いんですよね。
壁を駆け上がり運河を翼で飛び越え瞬間移動で屋根から屋根を飛び回って街中のラクガキや花びら、宝箱を収拾するのは実に楽しかった・・・これだけで時間がガンガン溶ける・・・

 

ダンジョンでも上下の選択肢があるので、周囲を見渡してあそこは行けるか?いや行ける!!!の繰り返しで前進していくのが面白すぎました。
ただどこでも行けすぎるがゆえに、似たような構造物の多いダンジョン内では自分がどこから来たのかわからなくなる事がしばしばあって、同じ場所を延々周回し続けて時間を消費する場面がちらほら。これは単に私が方向音痴だっただけかもしれないんですが。

 

また戦闘でもクリムゾンラインで間合いを一気に詰めるとか、シャドウダイヴ・ハンターグライドで回避行動をとるとか、ヴァルキリーハンマーで防御を崩したりと単純に力押しをするだけの戦闘では勝てない匙加減は実に良かったです。
なんかゴリ押しだと勝てないんだけど、でも何度かトライしてればいける!みたなバランス感は絶妙に作ってあるなぁという感じでよかった。
まあ私はいつでもゴリ押しでしたけどね!!!

 

戦闘について、全滅した時にその場ですぐリトライできるのに加えて敵の強さを下げてから再戦という選択があったのは親切仕様で助かった・・・
ファルコムゲーに関しては空の軌跡FCをやった時に戦闘難易度が存外高くて、装備とかシステムとかなんとなくでやってたら最終決戦で「あっ、これ無理かも・・・」ってなった人間だったので、イース9どこまでいけるのかな・・・という不安も実はちょっとあったりしたんですが、今作はシステムの恩恵で詰みそうになるという事はありませんでした。
敵の強さについては回復アイテムがあんまり揃ってない序盤の方がきつかったかも。そこさえ越えればあとはチーズと燻製肉をかじりまくる頭の悪いプレイでもなんとかなったよ(ノーマル)

 

あと追記にネタバレ含む話を。
Read More

Categories: blog Tags: ,