タグ: 感想

P5Rで描かれた追加部分について、個人的には満足度が高すぎてあんまり色々語ろう・・・みたいにならなかったんですけど、友人に話しているうちにああやっぱりあのゲームめちゃくちゃ良かったしそういう話したいんだな!となってきたので追記にP5R正義コープ回収済み新ED経由のあけちくんの話です。ふせったーに書いたことをメモ的にこちらにも。
ちなみにR自体についてネタバレにならない範囲で語るとたしかに基本ストーリーに変更はなかったし、追加要素があったことで無印の最終決戦でジョーカーが目指したものがより強固なものとして描写されたなぁという受け取り方ができて個人的には凄く良かったです。

 

Read More

Categories: blog Tags: ,

ページ数だけ確定しました。表紙込みで32Pの本になるはず。
いつもはコマ割りと絵の配分を決めてから最後にシーンにあう台詞を考えていたのですが、今回は珍しく台詞の打ち込みを先に終わらせました。すでに原型はできている話だったのでちょっと気が楽でした。
BLのL成分がどこにあるかいまいちわからない大体いつもの感じ・・・のような、ウォルトがずっとロイ様のことをいかに好きかを語って聞かせる話なのでむしろ珍しくBLっぽいのかもしれない。なんかそんな本です。

 

今回のネーム作業中に久しぶりにずっとスタンド・バイ・ミーを流していて。別にそれが話のテーマだとかはそういうのでは全然なくてただの純然たる好みで流してるだけなんですが、ふと映画の方のスタンド・バイ・ミーは1度も観たことがないな・・・と思って今日はじめて観ました。字幕の方。
良かった・・・物凄く良かった・・・・・・なんで今まで観た事なかったんだろう。
映画の存在については中学頃の英語の授業の時に曲とあわせて知ったクチですが、でもあの時に観てて面白い映画かといわれると多分当時の自分には大して刺さらなかったと思います。
Zガンダムのカミーユとかそうだったんですけど、自分の年齢だとかマインドに近いキャラとか話って逆にピンとこなかったみたいなんですよね。多分近すぎて作品を俯瞰して観る余裕とかがなくて「何これ?」で終わっちゃうという。
そういう意味ではもうちょっと早く見たかった気はするけども今このトシで出会えてよかった映画でした。
激しいアクションがあるとか、世界に実はすごい謎や秘密があるとか、そういう作品ではないんですけど終始すごくドキドキしながら観てた。あとゲロのシーンがきつかった。
とても狭いコミュニティの話なんだけど、でもあれくらいの年齢の頃ってそういう見聞きできる範囲が世界の全てじゃないですか。そしてその世界はめちゃくちゃ広いし、強大だ。大人はわかっちゃくれないしさ。
そういう世界と秘密を共有する友達と知らない日常に向かって足を踏み出していくってたしかに大冒険なんですよ。特別感がすごい。そりゃドキドキしながら見ちゃうよね。
最後はみんなまた自分の家に帰っていって、次第に会う機会も減っていくんだけど、あの2日間って忘れられないですよね。少なくともゴーディはそうだったみたいですし。
で、映画の最後にスタンド・バイ・ミーが流れる。最高か・・・
映画のEDではじめて「友よ、友よ」っていう訳を見たのですが、これはうまいなぁと感心しきりでした。(英語の授業で知ったときはたしかカタカナでダーリン、ダーリンだった)
また5年後とかに見たい映画でした。

Categories: blog Tags:

FF9クリアしました。よかった・・・ので以下つらつら感想を。

 

作中何度も出てくる「生きる」というフレーズ。自分を生きるって何だろう、自分で考えて導き出した自分の意志と決定に自分に責任を持っていくことじゃないか。
私はそういったものを感じていたわけなんですけど、そうやって自分を生きるって本当に・・・難しくて。
人は意外と自分自身ではなく、実は誰かの何かを生きてたりして。それは育った環境の影響でそう思わされているとか、そういう中にずっといるとそこに疑問を持つこと自体が困難だったり、いろいろですけど、実際にFF9で語られたような意味で自分を生きるって存外難しくて大変な事だろうと。そんな風に個人的には思ったりするわけなんですけど。
それでもそこに逃げるんじゃなくて向き合わなきゃ・・・そうしてみんなで成長していくのがとてもキラキラした物語でした。
作中では何かを悩み、決断する事を繰り返していくわけなんですけど、そのひとつひとつを変に揶揄したりしないのが良かったです。そういうものをちゃんと大事にしていった結果「生きる」というフレーズにどんどん厚みが出ていって納得のラストに繋がった感。
あと個人的にスタイナーの描かれ方はとても良かったですね。最初は騎士という役割を生きていたけど、次第にちゃんと本当の騎士という自分になっていったので最終的にめちゃくちゃ格好良いキャラになっててブワッ。

 

やっぱりなんだかんだいって頑張ったらちゃんと頑張っただけ報われて、最後に待ってる人のところに帰ってくるタイプの話が好きだなぁと思った。
FF9よかったッス。

Categories: blog Tags:

修羅場をくぐっていきたい

ロイ様の塗りが濃かったので少し抑え気味にしたのですが、やっぱり濃くても良かったのではという気がしています。
練習用立ち絵ってあんまり言う事がないですね。

 

予約で買ったものの余裕がなくて未開封だったキャサリン・フルボディをようやく開封しました。難易度選択のときデフォルトがイージーだったので、いやでも頑張ればいけるのではと生意気にもノーマルにあげてやったら早々に詰んだのでイージーでやりなおしました。初見でいきなりあれは無理ィ!
予想以上に瞬発力を要求されるゲームでした。いやでも面白いや・・・こまったな。
スピード感を持ってのステージ攻略はもうちょっと操作に慣れない事には無理そうなのでオートプレイのお世話になりつつ、まずは動き方を覚えるところからという感じです。しかし世界観の雰囲気やデザインが良きですね。
あとゲームとアニメの話を以下に。

 

・FF9

ストーリーが面白くて言われるがままストーリーを進めてたら案外レベル上げする機会がないのでいざという時のボス戦で勝てないと気付き始めました。さくさく進むけど自主的にレベリングしてかないと後々まずい気配。

 

・ULTRAMAN

漫画のアニメ化を期待しすぎるとちょっと違うかな・・・という雰囲気を感じつつも最後の方は原作(漫画)らしい作りになっていました。というわけでシーズン1の視聴終了です。1週間くらいかけて見るはずがこのざまです。
個人的には結構好きなんですけど、これ人にすすめるかと言われるとまずは漫画の方からおすすめしたい。よくまとめたなぁとは思うんですけど、多分これ単品で見ると情報量が足りない気がするんですよね。
私は神山監督の作品というと009しか知らなくて、自分は好きなんですけどあれも009を見たことない人にいきなりここからはすすめられないかな・・・という感じだったので、そういう作風の方なのかもしれない。
原作を意識した作りなのだと思うのですが、それゆえに原作知らないと見てて置いていかれる気がするというか。なんかそんな感触を持っています。フワっと。
ULTRAMANアニメに関しては、漫画も好きだしウルトラシリーズも昔のをいくらか見てた人間的には思った以上にウルトラマン見てる感じがあって率直に面白かったです。異星人まわりを終始薄気味悪く描いてのはよかった。それっぽくて。
あと諸星さんはアニメの方がやや優しい感じはする。
シーズン1って事は漫画の話のストックができればシーズン2をやってくれるのかなと期待しつつ、その時はまたガッと見てしまいそうです。

Categories: blog Tags: , , ,

Q2クリアしました

PQ2クリアしました記念にスタメンを描く。
趣味がよくわかりますがクロウとクマと時々ジョーカーでサポートかけつつ完二と順平のチャージ物理でおしていくスタイル。順平は特にボス戦で輝いていた印象です。あとクロウはコンセントレイト要員も兼ねていましたが、ラスボス戦では最終的にアイオンの雨クリティカルごり押しで大変お世話になりもうした・・・
発売が原稿シーズンとだだかぶりだった事もあり結構クリアまで時間がかかりましたが、やー面白かったですね。
というわけで以下ネタバレを含まない感想です。

 

前作PQがあまりにも良かったので期待たっぷりの2でしたが、クリアして思うのは前作のノリを期待すると肩透かしをくらうかなって事で。良くも悪くも。
クロスオーバーやキャラ描写に関して気を使ってるんだなと感じられる丁寧さとか、ハマムド連打ゲーじゃなくなったとことか、前作の評価や反省をふまえたのかなっていう作りになっているのは良かったんですけど、その分なんというか角が取れて丸くなった感じ?
まあこの辺りのバランスに関してはプレイヤーの好みとしか言えないのですが、個人的に前作の尖った所がわりと好きだった身としては味付けが薄味だったかなという感じです。
そういう意味ではオリジナル要素はもうちょっと濃くてもよかった。まあこれも好みですよね。クロスオーバーゲーにオリジナル要素いらないっていう人もいるらしいし。
戦闘は難易度が少しあがったのかな?と思ったら結構同じような感想を見かけたので、これは前作よりは難易度高めという認識でよさそうです。自分は基本ノーマルしかやらないのですが、この無策で突っ込むと雑魚戦でも苦戦を強いられる感じはとてもよかったですね。対策考えてスキル構成してくのが楽しくて。
あと運が良かったのか自分はやっててバグらしいバグにあたらなかったので(フリーズもしなかったし)シナリオ展開の好み以外は特に不満らしい不満のないゲームだったなと。遊びやすかった。
ただこれをめっちゃ人にすすめるかといわれると、P5未クリアの人にはちょっとすすめないかなぁ。と。やってなくても大丈夫だとは思うんですけど、今回思った以上に5がメイン扱いで設定とか話のベースになっていたので、P5クリアしてる方が親切な気がするんですよね。実際はどうなんだろう。
あと音楽!音楽が良すぎてバトルBGMセットの方で買ったのに最後まで全然使いませんでした!
密林さんでサントラを各曲DL購入できるので、各種戦闘BGMだけ先に買ってて作業中よく流してました。クリアしたのでEDも心置きなく聞けます。
総評としては前作を期待して買ったからどうしても前作と比べてしまう所が多いのですが、なんだかんだ面白かったからまだ暫くペルソナやってたいな・・・という気持ちになって積んでいたP4Gはじめました。よ。

Categories: blog Tags: ,

いろんなものが荒ぶっていますが

t170807c

拍手からコメント頂いたので先日のらくがきを軽く塗ってみました。
最近は雰囲気的にモノクロで置く事も増えているのですが、こういうちょっとした事を送って頂けるのは個人的には大変にありがたいです。
そしてペインター2018のテクスチャまわりの設定がわかったおかげでかなり使いやすくなりました。
線にしろ塗りにしろある程度のざりざり感がある方が自分はやりやすいんですよね。印刷したりweb用に縮小かけるとほとんどわからなくなる要素なんですけども。

 

それはそうと今更ながらに永井豪のデビルマンを読みました。

t170808b t170808 t170808c

大変取り乱している。私が。
色がわからなくて美樹ちゃんのデザインはサイデビ版です。シレーヌもなんか翼を勝手に増やしていますが、原作デザインのまま描くとサイトスペースをお借りしているサーバーさんの規約的にまずい気がするのでこう・・・。
というわけでデビルマンなんですが、その手の少年漫画が好きなら1度は読んでおいた方がいいんだろうなぁとぼんやり思っていたものの、なかなか機会がなくてずるずるときまして。最近リアル収納事情が少し解消された事もあり、とりあえず文庫の新装版を。一気に。
デビルマンというとキャラの名前や設定をかじる程度に知ってるくらいの知識しかなく、お話に関しては結構いろんな所で大まかなあらすじを聞きかじってはいたのですが壮絶すぎるがゆえによくわからなくてですね。
しかしいざ自分で読んでみて、ああーナルホドたしかにこれはざっくりと文章にして人に伝えるのが無理な類の作品・・・!
地獄を圧力鍋でぎちぎちに煮込んで漫画の形にしたらああなったというか。なんかそういう・・・地獄の門をくぐって終末に一直線って感じ。
牧村家の人たちを、美樹ちゃんをあんな風に殺した人々というのはもう人間じゃなかったと。そう思いたい。
疑心暗鬼にかられた一般市民が襲ってくるという展開が大体どういう作品でも1番えげつなくて怖いと感じる方なんですけど、いやーほんと・・・こわい・・・。
あと噂の飛鳥了の明への愛については、お前それは届かないよ?!届かないだろ、その愛はよ!!!
一途で一方的で、しかもそもそも届ける気が恐らく本人になさそうな、作中屈指レベルの厄介な愛だったなぁと思いました。
個人的には最初の方のヤバそうな堅物感のある薄気味悪い飛鳥了が好きだったので、そういう意味では後半は少々残念でした。いや、あれはあれでよかったというか、総じて良かったんですけど!良かったけども初期の雰囲気の了がもうちょっと見たかったです。
2018年にアニメをやるというのを実は知らなかったんですけど、もしかしたらいいタイミングで読めたのかもしれない。
やー、これは暫く引きずるやつだなぁ!(自分が)

 

拍手レス

>ライカさん

どうもありがとうございます!
というわけで調子にのって色をつけてみましたが、元々描いていたサイズのデータが残ってなかったので軽めの処理になってしまいました。これはこれで、という感じでひとつ見て頂けますと幸いです。

Categories: blog Tags: ,

P5クリアしました。

P5クリアしたのでネタバレとか感想です。テンションまかせに文章を打ってたので日本語になってるか怪しい、とても怪しい。
ていうかまさか本当にエコーズ発売までにクリアできるとは思わなんだ。
面白かった!いやー面白かったです!
精神的に余裕ない時にやれるゲームじゃないけど、でも思い切ってPS4設置した甲斐はありました。
とりあえずクリアはできたのでこれで感想やら考察もろもろを見て回れるというものです。よかったよ!!!

 

Read More

Categories: blog Tags: ,

大体1週間ぶりでした

t170329e

ヒーローズ最初の召喚で来てくれた父上を星5にしてじわじわと育てていましたが、先日うちでは初のレベルマックスになったので他キャラ育成に手をまわしつつなんとなく2人目のエリウッドを育てている現在です。
ヒーローズのエリウッドは魔防高めでこと魔導師系にお強くていらっしゃる・・・!
なんか私のやった烈火はエリウッドが何気にヘクトルより硬くてキーンとかカーンとかいってたからクラスチェンジ遅いのが全くハンデじゃなくてですね。硬いエリウッドって個人的には原作性能再現って感じがして大変嬉しいです。そして体弱いっていう基本設定をよく忘れる。

 

そんなこんな少しお久しぶりです。
ひねりもなく具合悪すぎてエイプリルフールを完全に忘れていました。
腹にくるタイプの風邪を引いたらしく飯が物理的に入らなくなってて、コーヒーで腹を満たすのも余計具合悪いしじゃあ何が入るんだって豆乳に落ち着いたのでご飯のかわりに豆乳飲む生活をしてました。今もこの文章だらだら打ちながら豆乳飲んでるんですけど、結構ガバガバ飲んでるのでもうこれ1リットルのパックとかを買い置きした方がいいんでは。

 

以下、鉄血のオルフェンズの雑多な感想です。
リアタイ放送最終回だったしなという事でもうそのまま垂れ流しますので、ネタバレ回避したい人は飛ばしてください。

 

170402

結論から先に言うと私はあの結末って嫌いじゃないです。
好きか嫌いかの2択で話せば、どちらかというとむしろ結構好きな方です。
ただ手放しでよかったねー!とは、ちょっと喜べないかなぁ。だからといって複雑な心境でもなく、なんかこう、ただ「ああ終わったんだなぁ・・・」みたいな、そういう感じです。
なんというか、今まであまり体感した事のない種類のラストの迎え方をした(主に自分が)のでどう現したらいいのかなぁみたいにはなってて。なんだろう、強いて言えば些細な所が積み重なってとにかく惜しいなぁみたいな気持ちなのかなぁと思った。
あの世界でやってほしかった事というのは最終的には大体回収されたんだけど、それをやったのは鉄華団ではなくラスタル・エリオンだったっていうのね。あれですね。金と物資と社会的地位っていう武器があるの、率直にいえばずるいなぁっていう。それがあって世界はそれなりにうまく回っている。
でもやっぱ理想とか希望とか、そういうのはイチ視聴者的には鉄華団である程度を成し得てほしかった。世界を丸ごと書き換えるとまではいかなくても。
あと鉄血って大体やられたらその分やり返すっていう構造が基本としてあったように思って見ていたので、終盤の毎週毎週やられっぱなしみたいな展開はかなり心臓に悪かったです。最後は文字通りすり潰されてしまったけど、ゆえにというか、ぶっちゃけた話イオク様に関する結末はよかったよ!!!(正直)
なんだかんだいってイオク様はわりと好きなんですけど、イオク様が最後の最後でやらかし特攻した先にいたのが昭弘で「お前かァアア!!!」っていうの何の手加減もなくてよかったです。
昭弘って素直にわかりやすく怒ってくれるので、話が進むほどに一種の清涼剤みたいな感じですごい安心して見てられたから本当によかったよ。
まあそんなこんな言いたい事が全くないわけではないんですけど、最後まで面白かったです。
あ、あとガンダムなんだけどビームの音があんまりしなくて最初から最後までガゴォン!ガゴォン!っていう鉄の塊がぶつかり合う鈍い音がし続けたガンダムっていうのは個人的には新鮮で、それはめちゃめちゃ良かったです。

 

170402b

鉄血はキャラ的に誰が好きかといわれればここと返すらくがき。
ハッシュ君の第一印象が「うわ自分めっちゃ好きそうな子だな!」でした。生き残ってほしかったなぁ。

Categories: blog Tags: , , ,