シンウルトラマンを友人と見てきました。あまりの良さに良かった・・・良かった・・・と繰り返すだけのbotと化してしまった。
良すぎて余韻がやばくて今日は全然絵が描けない。
ここは長らく映画館のない土地だったのですが、最近ようやく映画館ができまして。ただ話題作を話題のタイミングでやるみたいな所ではないのでシンウルトラマンやってくれたら嬉しいんだけどまあここではやらないだろうし映画館では見れないだろうな・・・と諦めていた所に短期で上映の予定が入って今更感はありますが映画館でシンウルトラマンを見る事が叶いました。
ネタバレにならない範囲の事を書くと主題歌のM八七は話題になってたのは知ってたし普通に作業用に流してていい曲だなーと思って聞いていたのですが、シンウルトラマンと言う作品を見た上でEDに入った瞬間にあれが流れるのあまりにも完璧すぎてずるいじゃん・・・ってなりました。EDが流れ終わるまで誰一人席を立たなかったのも印象的でしたね。
追記にネタバレごりごりの感想です。
Read more

今日もなんか絵を描く気になれず、多分練習をはじめた初日あたりで飛ばしていた反動がきてるのだと思いますがまあそういう充電の日も必要。というわけで今日は絵はありません。以下はゲームの話。

ライブアライブクリアしました!真エンドです!
20年以上前のゲームだしそのまま感想を書こうと思っていたのですが、クリア後に当時遊んでいたユーザーさんから色々教えて頂いてワンクッションあった方がよさそうなので追記に畳みます。私は今回のリメイクではじめて遊んだのですが、昔やってた人が今このリメイクを遊ぶ方が何倍もテンション上がりそうだなと思った。
というわけで追記に感想とエンディングネタバレがあります。
Read more

修正祭りをしていました。
学校のイベント事に講師作品欲しいと言われたので、新しく描く時間があるかはちょっとわからないなとなり過去絵を見れるように手を入れました。以前よりは伝わる絵にはなった気がします。
今見ると過去の絵は明るすぎるように感じますね。暗い領域が足りてないというか。

 

それはそうとクロノ・クロスが終わりました!
日記書いた後結局クロスやってて深夜に終わったけど・・・終わったけど、話や設定がいまいち飲み込めないまま終わったので結局あれはどういう事だったんだ・・・と混乱のちに放心って感じでしたが、見たままを受け取るなら人の未来はちゃんと続いてキッドがセルジュ君を探してくれてその先でちゃんと会いにきてくれるという事だったのかなと。
わからないまま昨夜はとりあえず寝て、一晩経過してサントラデータを購入しED曲を聞きながら歌詞を確認したところでようやくあの最後に流れた曲はキッドのことだったのだと理解し泣いた。
クロノ・クロスについては他者の痛みや憎しみを知った上で明日につながる可能性を拾い集めそれを本当にして希望を生きていく話なのかなとぼんやり思っているのですが、愛と憎しみは表裏一体と作中言われていたように誰かを想う事で傷つき同時に癒され人は前に進んでいくのだなと。個人的にはカーシュに関連するイベントでそんな事を思っていました。カーシュ優しいよね。
何かを選んで進むという事は同時に選ばなかった未来を殺すことで、それで生かされたものもあれば殺されたものもたしかにあって。クロスはそういうことをとにかく徹底的にやった濃厚なSFでしたし、そういう可能性の話としてクロノ・トリガーの話にリンクしてるんだろうなという部分が終盤は特に多くてトリガーやったことないのあまりにも勿体ない・・・という気持ちが強くなってきたので、トリガーやろうと決意しました。そういう物凄い熱量があるゲームだったし、あの頃のスクウェアの尖った所をギッチギチに濃縮したような作品だったのでたしかにこれは人を選ぶな・・・と。
あとシステムの話を正直戦闘システムが慣れるまでわかりづらく、召喚エレメントについてもその使い方がゲーム中で特に説明されないからセットしたまま1回も使わずに終わりました。戦闘慣れると楽しいんですけど、これも人を選ぶなという感触。
また、雑魚を倒してレベリングという事がないのでボス以外の敵は戦って経験値を得るとかそういううま味がなくてマップ上のお邪魔キャラという感じでした。
リマスター版はバトル強化とマップ上の敵をスルーする機能がついていて、LR3ですぐに切り替えられるのでここは親切でよかったですね。特にバトル強化機能のおかげで詰むという事がなかったのは心底ありがたかった・・・じっくり戦って策を練れば勝てる設計にはなってると思うんですけど、ストーリー早く進めたいから後半は特に押し負けるなこれって所ですぐバトル強化モードに切り替えていました。本当にこれのおかげで後半は進行がらくでよかったです。
システム尖ってるけどそれをカバーできるモードもちゃんと搭載されてるの本当にありがたかった・・・クロノポリスあたりまでは強化モードや敵スルーの機能なしでやってたけど、当時補助機能なしでこのゲームやってクリアした人は本当に凄い・・・今のゲームに慣らされたこの身ではだいぶ難しかったです。
クロノ・クロス、万人に刺さるゲームではないかもしれないけど脳内で可能性をこね回すのが好きならめちゃめちゃ楽しいだろうし、補助モードのおかげで詰むこともないので人は選ぶけどおすすめはしやすいという不思議なゲームでした。
アナザーエデンやりますわよ!!!

オデン終わったのでクロノクロスをはじめたよ絵です。
はじめて1時間くらいやってなんとかトカゲの鱗集めて海辺で少しレナと会話したところでスイッチの充電が尽きたのでセルジュ君の事は何もわからなくて、どうやって描いたらいいのかわかんないですね。でもこういうわからない状態で描いた絵って後で見返すとわからない感が面白かったりもする。
この服の灰色の部分は鱗なのか金属なのかニットとかなのかとかその辺りも何もわからないまま適当に描いてしまっているのでそこは反省。いやでもこれ素材は何・・・
オデン終わったら風のクロノアやるかエンダリリーやるかとかも考えてたんですけど、オデンでアクション疲れをおこしているのでRPGやりたい・・・できればライブアライブまでに間に合いそうなやつ・・・という事でクロノクロスをはじめることにしました。
クロス、あらすじレベルで何も知らないしトリガーもやった事なくて、完全に未開の惑星にきていて何も、何もわからない・・・の、はずなんだけど光田サウンドなので音楽は実家感がすごいです。何せ私はゼノギアスが宗教のオタクなので・・・光田さんには大変お世話に・・・
不穏なプロローグが始まったかと思えば一転してめちゃくちゃ穏やかな海辺の村から物語が始まり、もしも楽園があるならきっとこういう所なんだろうな・・・夢みたいな場所だけどこれが夢だったらどうしようとか、そもそもセルジュ君がこの世界の住人かどうかもわかんないよなーとか色々考えつつ村の中を周っていくうちセーブポイントについて説明してくれる村人が記憶が消えたら悲しいもんな、どうしようもないもんな、というやたら意味深な話をしてくれて。これは物語もしくはセルジュのこれからの話なのかなと思っていた矢先にセルジュのいない世界が?という所で今途切れています。
本当にざっくりしたあらすじも知らないからどこへ向かう物語なのか何も情報がなくて、同時に何も知らないままこの美しい空と海を眺めながら物語が動くときを体験できるというのは幸せなのかもしれないなと思っている。初見の醍醐味ですね。

 

オーディンスフィアは昨夜1度クリアはしたのですがバッドEDだったので今日は真EDにたどり着くための再戦をしていました。
見たいEDには無事辿り着きましたが、なんかどこにどういう気持ちを置いたらいいのかわかんない最後で。でも思い返せば思い返すほど良かったなーとじわじわきています。
戦闘後にメルセデスが大地に名を返して天にかえっていくのを見てエッ???となったりしてて、でも彼女の真の名がユグドラシルだったという流れはとても胸に来るものがあった。
お話としてはオデンは愛と恋の物語なのかなと思っていたのですが、そういうものを前に進む強い力として描きつつ本当に次の世界へ行ってしまう話でした。終わってみると神話の世界創生が行われる様を描く話だったのでEDに入った時はエッ?!という若干面食らったような気持ちもあったのですが、あの愛も希望も何もないと死の国で絶望していたオズワルドが最後に落下するグウェンドリンを受け止め新世界が色づいていく様を見て希望を捨てられないっていうのは良かったですね。
屋根裏部屋での流れを見るに恐らくヒトの形をして終焉を生き残った命はグウェンドリンとオズワルドだけかなという気がしつつ、同時にプーカという人ではなくなったコルネリウスとベルベット、そしてタイタニアの人々は生き残っていて屋根裏部屋にあった最後のコインをもって人間に戻れたんじゃないかと思っているし、最後の大樹は新世界に根を張り見守るユグドラシルなのだろうと信じているのでつまりハッピーエンドって事でいいんじゃないかな?
ハッピーエンドというには大きい痛みも残っていますが、でも2人の王からはじまる新世界はきっと良い世界なのだろうという希望もある。良いゲームでした。

面を意識しつつもやっぱりグラデーション入れてしまう。ただ面の情報を色域選択なり別レイヤーなりで取れるようにしているので完全に面の情報が失われることがないのは良いかもしれません。いつも同じレイヤーに全部一緒に塗っちゃってどんどん最初の状態が消えていくので。

 

噂のモータルコンバットを見ました。
ネトフリで見れることを今まで知らなくて、ネトフリなら今タイバニとスプリガン目当てで加入してるから今のうちに見るか!と思って見たのです。
見るぞ!となったのはよかったものの、私は実写作品の暴力グロシーンの耐性がかなり低くて、以前アフリカン・カンフー・ナチスを見た時も戦闘シーンが見ものなのに戦闘シーンを見るのが辛い・・・となっていたので、モータルコンバットを完走できる自信はちょっとありませんでした。
というか冒頭の戦闘シーンで暴力表現がきついぜ・・・となったりしてて大丈夫かなと思ってたところでこの作品R15だった事に気づいて冷や冷やしました。
一応最後までちゃんと見れたのですが、ここぞという時は目をつむってやりすごしたためどういう死に方をしたのかわかるけどわかんないキャラがちらほら。アクションもの好きなのに暴力シーンの耐性が低いのマジで致命的過ぎるんですよね。
そんなわけで私はかなり辛かったけどマジでアクションシーンは本当に全部ごっつい見ごたえとロマンがギッチギチなので、R15のアクション映画が見れるという方は相当楽しいと思います。クナイに紐結んでそれを振り回したり氷の能力で剣を作ったり鉄の傘をぶん投げたりとアクションシーンに関してはテンションぶち上がる要素しかないんですよ。マジで。本当に自分の耐性の低さを呪います。
お話に関してはモータルコンバットに備えよ!そのために戦え!でずっといくのですが、そのおかげで戦う理由がずっと明確で避けられないんだなという雰囲気はあったし、それがあってアクションに次ぐアクションでおしてくるので非常にテンポが良くて途中ダレるという事がなくてよかったですね。
ちなみに私はモータルコンバットのことをずっとモータルコンバットっていう世界の命運をかけた人類と魔族の大格闘大会があって、そこで満足に戦えるようになるために修行を積みそしてみんなで勝利する映画だと思っていたのですが、肝心のモータルコンバットは見れないまま終わりました。流石にびっくりした。
なんかモータルコンバットがあるらしいこととかそこで戦うんだという話にはなっているのですが、敵側がモータルコンバット開催前に向こうの戦士を全部叩こうぜ!って乗り込んできて人間側がそれを迎撃してたら話が終わりました。
モータルコンバットで戦うと思ってたら壮絶な場外乱闘を見せられて本戦を見ずに終わったので思わず場外乱闘がモータルコンバットだったのか???となりましたが、有識者がモータルコンバットではモータルコンバット見れませんと仰っていたので、やはりあれは開催前の場外乱闘だったらしいから凄い映画だぜ・・・となったよね。リュウがずっと美しかったのでよかったし、ジャックスが貧相な義手を嘆いたあとでムッキムキの義手を手に入れていいじゃないかっていう所とかかなり好き。
私に暴力シーン耐性がないので何度も見れる作品ではないのですが、熱くたぎる血潮みたいなものは存分に感じられるし見た後テンションがスパークする大変良い映画でした。

 

あと追記に主取です。
Read more

十三機兵初見プレイ終わりました!
久しぶりにこんなにも怒涛の勢いでゲームやってしまった。面白かった。最高に面白かった。
話のスケールが膨らみ続けるのに比例して加速的に熱くなるので、SFや熱い話が好きなら是非やりなよ!!!っていうゲームでした。
ゲームの好きなラストバトルって色々あるんですけど、やったことあるゲームのラストバトルとしては十三機兵の展開は1番好きかもしれない。
これまでに経験したことのないタイプの最終局面で物凄く燃えました。詳しい事は追記で書きますが、はーーーーよかった。ネタバレにならない話をするとOVAのガンダムとかが好きな人なら多分あの最後の戦闘めちゃくちゃグッとくると思います。
あまりにも良すぎたからサントラ買っちゃったよね。ラストバトルの曲延々聞きたくて。

というわけで追記に絵と感想です。
Read more

本日誕生日だったのでお菓子とかゲームとか頂いてしまった。ありがとうございます。
アマゾンに推しカプがあれば欲しいものリストとか作って公開したかったんですけどね・・・

 

今日はツイッター開いてたらネトフリで見れるヴァン・ヘルシングという映画が面白いよ!という話が流れてきたので、ここんとこ絵ばっかり描いてたしたまには映画でも見ようと思って見てました。
めっちゃB級映画!!!なんですけど、あまりにもスピード感とパワー(物理)に溢れすぎてて実に良かったですね。
ヴァン・ヘルシングっていうからもうちょっとしっとりお耽美系を想像してたんですけど、ごりっごりのパワー(物理)系だった。
なんかいきなり刃がついてて回転するヨーヨーみたいな武器(名前がわからない)をぶんぶん振り回し薔薇窓をぶっ壊しワイヤーでターザンするもんだからウオオオオ!ってなってしまった。
ドラキュラもドラキュラで自らの計画のために実験を援助してた博士を早々にぶっ殺してさあここからどうしよう・・・ってなったり、ヒロインもごりごりのパワー系(物理)で強いんだけどあんまり後先考えてないっぽくて行き当たりばったりな行動をしがちなのですがパワーに溢れているので大体のことは解決してしまう。ちなみに本作のヒロインはアナ、カール、フランケンシュタインの3名構成だ!(個人の感想です)
ストーリーはちょっと行き当たりばったり感が強いんですけど、話の展開が早いのと持ち前のパワーで全てを解決していく様が個人的に大変良かったです。
基本アクションに次ぐアクションで進むのも良かったですね。ヴァンヘルシングの武装バリエーションが多彩なのでそういう所も凄く良かった。ボウガンばかばか撃つよ!
個人的にボウガンがあんまり効いてない敵の吸血鬼に向かってその辺にあった教会の聖水にぼちゃっとボウガンを浸して即席聖水ボウガンにして撃退するとこなんかはかなり好き。派手なアクションの中でああいう小技が効いてるシーンがいくつかあって、自分はツボぐりぐりされました。
パワーに溢れる映画なんだけど吸血鬼という存在については変にトンデモとかにせずしっかりお約束を踏まえてる点も良かったですね。鏡に映らない、銀で倒せる等。
吸血鬼ハンターものアクション映画(物理系ファンタジー)が見たいという時にはめちゃおすすめしたい映画でした。

 

拍手レスです

>お誕生日おめでとうございますପ(⑅ˊᵕˋ⑅)ଓ

ありがとうございます!!!今もうサイトにも誕生日のせてないのでお祝い頂くとびっくりすると同時に嬉しくなりますね!

バディミ真ED見たよ!ってことで何か描こうと思ってまあ自然とルーク描いちゃったよね。昨日の記事でスキップ機能ないって書いたけどその後ありますよって教えてもらいました。ちゃんとありましたね、すいません。
通常EDが相棒と絆の話なら真EDはそれらを踏まえて本当のヒーローになるルートだったなという印象でした。
ルークはヒーローになるんだっていう話を最初からずっと言い続けていて、その物語の着地地点としてはまさに理想的なEDだったのではないかと思ったよ。
ひとくちにヒーローといってもヒーロー像って色々あると思うんですけど、バディミの物語が目指したヒーローの形としてルークは本当にぴったりな人だった。昨日も書いた話ではありますが本当にね、ルークの勇気がすごい。誰かの手を取る事についてためらいがないんだよな。人を信じる力がすごすぎる。
正直もうちょっと人を疑う事をしてもよかったのではという場面はあったんだけど、ルークはそういう時そのまま素直に受け入れるか誰かのために怒るかしてきてて、本当に素敵な人だなーと。ゲーム中何度も思ったけど育ちがいいというかね。色々あったけどあのお父さんの存在はでかかったと思う。
そういう土台があって折れかけた時は仲間がきて前を向かせてくれて、そうしてみんな一緒に進んでいくのだから、ヒーローになるんだとか誰かを信じる力とかそういうもの物語の光としてお出しされたら、これはもう納得するしかないんですよね。
バディミッションBOND、面白かったです!!!

 

あとこれはおすすめの地獄

バディミ、メインミッション一通りなんとかしてEDは見たんですけど、これ真EDあるやつでは???と思ったら、案の定サイドストーリー回収していってねって事だったのでが、がんばる・・・
というわけでバディミ、一旦の区切りまではきました。
個人的な味付けの好みの話をするともうちょっと痛み成分がでかくてもよかったなとは思うんですけど、まあでもバディミの世界であんまり悲劇を語られてもなあという気はするのでこれが大正解の形なのでしょう。
絆の力だ!とはいうけどそれはみんなが諦めずに誰かの手を取ってその相手に寄り添ってきたからこその結果であって、それってすごく勇気のいる事だと思うんですよね。相手を思って手を伸ばすことも、伸ばされた相手の手を握り返す事もどちらもなかなか難しい事だと思う。
そしてルークは終始その勇気に溢れていたよ。だからこその安心感みたいなものはあったし、諦めないルークが絆の力と可能性を口にする事の説得力みたいなものがあって実によかったですね。人を信じるという事の勇気がとにかくすごい。奇跡みたいな素直さだよなー。
あとアーロンが本当に、居てほしい時に居てくれてあの胆力と真っすぐさを持っていつでも手を貸してくれるからお前は本当に最高の相棒だよ・・・ってなれてよかったですね。
ストーリーに関しては本当にお見事!という満足感はあるのですが、バトルシステムとかその辺がもうちょっと・・・なんとかしてほしかったなという所はあって。いっそアクションゲームにしちゃえばよかったのではと思うという話を友人にしたところ、でもそうするとバディミが届けたい層に届かないんじゃといわれ、それはそう・・・という気持ちに。あと通常会話シーンにもスキップ機能くれ。

 

とりあえずバディミ一区切りまではきたのでサイド回収しつつの九龍リチャをはじめました。
PS2のゲームだから当たり前なんだけど、パッケ開けたら説明書が入ってたのにちょっとした感動がありました。今はすっかりゲーム買って開けて紙の説明書見るってことなくなったもんなぁ・・・。表紙も中身もH.A.N.T仕様でめっちゃ可愛い。
九龍OOAの時はずっとスイッチをTVに繋げずやっていたせいかPS2の方、音周りが細かくて良いな?!!OOAもTVに繋げた時はこれくらい聞こえるのかな・・・試したことないから全然わからん・・・
リチャの世界ではかまちと噂の1on1やりたいからバスケ部にしたよ。結局いまだに見たことないかまちとの1on1・・・。

すーぐ男子団子にする。

 

引き続き頭痛とかが酷くて集中力が全然・・・の状態だったのでなんとなく昨年九龍はじめた頃の日記を読み返していました。
なんかずっと皆守ィ!頼むよ皆守ィィイイイー!かまちくんかわいいね。皆守ィィイイイー!!!かまちかわいいね。みたいな状態だったから面白かったよ。驚くほど2人の話ばっかりしてた。びっくりした。
初見の感想は後で見返しても面白いなと思ったので今後もやったゲームの感想とかはなるべく書いていこうと思いました。

 

というわけでツイッターの当時のまとめも発掘したのでそっと

やっぱりかまちの話ばかりしていたらしい

 

こっちは逆転裁判やってた時のやつ(そこそこにネタバレもある)