カテゴリー: blog

P5Rで描かれた追加部分について、個人的には満足度が高すぎてあんまり色々語ろう・・・みたいにならなかったんですけど、友人に話しているうちにああやっぱりあのゲームめちゃくちゃ良かったしそういう話したいんだな!となってきたので追記にP5R正義コープ回収済み新ED経由のあけちくんの話です。ふせったーに書いたことをメモ的にこちらにも。
ちなみにR自体についてネタバレにならない範囲で語るとたしかに基本ストーリーに変更はなかったし、追加要素があったことで無印の最終決戦でジョーカーが目指したものがより強固なものとして描写されたなぁという受け取り方ができて個人的には凄く良かったです。

 

Read More

Categories: blog Tags: ,

イースⅨはじめました。
タイミング的に#FEすごく気になるんですけど、屋根の上を歩けたりするのが面白そうすぎてどうしてもイースⅨをやってみたかったので今日から初イースデビューです。音楽いいな。
イースシリーズはぶっちゃけタイトルとアドルさんのビジュアルくらいしか知らなくて・・・あとアドルさんはよく大海に漕ぎ出して遭難して次の冒険がはじまるっていうのを友人から聞いて知ってるくらいの情報しかないガチ初心者なので、結構しょっぱなから盛り込まれるアドルさんあるある的なネタは全然わからないため「よくわかんねーけど自分も頑張りますよ!」みたいな反応をしてみたところ、お前は何もしなくていいからな・・・的な感じに優しく諭されたりしており、ア、アドルさん・・・!!!
ファルコムゲーの雰囲気は空の軌跡でなんとなく掴んだつもりでしたが、イースⅨアクション要素があったりして空とは全然違うのでそれはそれ、これはこれ、でやっていきます。
とりあえず何もわからない初めてのシリーズの掴み部分はめっちゃ楽しいですね。

 

あとヒーローズのピックアップでようやくうちにもルークが来ました。
ロディはちょくちょく来てたんですけどルークはさっぱり来なくてひっそり泣いていましたが、これで近いうちに肩を並べて戦えるというものよ!まずはレベリング!から!!!
声がすごくかっこいいのでびっくりです。あと武器名がうれしい・・・
二人で女の子にもてような!

 

「キュータマダンシング!」を久しぶりに聞いてたのでキューキュータマフェレ家。
ガス欠気味なんですがどうにか頑張っていきます。

 

拍手レスです

>アカツキさん
どうもはじめまして!
わざわざこちらに感想を頂いてしまって・・・あああどうもありがとうございます・・・!
ジャンヌ・ダルクの絵が描かれた本というと池田書店さんの「世界の英雄伝説」ですね。個人的にデータ上で見るより紙媒体で見る方が絵って細かく伝わると思っているのですが(同時に粗もよくわかってしまいますが・・・)細部まで見て頂けたようで絵描き冥利に尽きます。どうもありがとうございます!
あの本では3点ほど描かせて頂いているのですが、個人的にジャンヌは特に気に入っている絵という事もありまして大変嬉しいですね!
ありがたい事にちょこちょこと何かしらを描かせて頂いているので、またどこかで見かける事がありましあらよろしくお願いしますー。

Categories: blog

P5SはDLC枠できっと来ると信じているし、なんならDLCでキタローと番長だって来るんでしょ!知ってるよ!くらいには思っています。かなりマジに。

 

 

これから暫く線をたくさん描く事になるので、少しでもスタミナつけたいなぁと思って線だけらくがきを延々としていました。1枚目ですでにバテているのがばればれですね。お絵かき体力・・・というか持久力かなぁ。ほしい。

 

創作もの。

Categories: blog

 

Paintstorm Studioを導入したので練習用に。塗りはほぼテクスチャ鉛筆。
SAI2凄く良いんだけど使えば使うほどペインターの再現をしたくなる病が出てきて、またペインターという地獄に舞い戻るか・・・と思っていた矢先にふとそういやペイントストームってどうなんだろう?と思い出して、ものは試しと今日試用版を入れてみたところスピード購入に至りました。

 

水彩系からドライメディア・混色ぼかし系まで揃っているブラシに加えて細かく設定できるカスタマイズ性(とはいえデフォルトのでわりと十分)、レイヤーがいっぱいあってもそれなりにサクサクの挙動と、安くて軽いペインターって感触を持っています。
とりあえず新規ウィンドウ的な機能が見当たらないのはナビゲーションを大きくして代用、カスタムパレットも作れる、ショートカットキーも細かく設定できてテクスチャもいい感じだし・・・いやほんと、この価格帯でここまでできるのは凄すぎる。
しかし何でこんなに凄いソフトがあんまり名前を聞かないんだろうとは思ったんですけど、設定面とかのハードルが高いのかもしれない。ペインター使い的には結構お馴染みの項目が多かったので自分はあまり悩まずに触れている・・・というか、今までペインターで培ってきたものがここまで発揮できるソフトって一体何???となってます。
お手軽にアナログ的な描き方をしたい人はペイントストーム触るといいんじゃないかなぁと思います。
逆に言うと機能的にはめちゃめちゃ凄いんだけど画材シュミレーターとしての機能や手描き感みたいなものを求めてない人には設定やブラシがやたら多くて煩雑なソフトかもしれません。
個人的には物凄く良い感触のソフトです。

Categories: blog

 

淡い色の練習をじわじわしていますが、淡い色使いというよりただ色が薄いみたいな仕上がりになってしまうのでううーーーん・・・
まあ2枚3枚描いた程度で習得できるとは思ってませんが、それにしたってもうちょっと何とかならないものか。こういう所で基礎画力のなさを痛感しますね!

 

スマブラ(呪文)
結局スターフォックス零は2画面操作に挫折してクリアしてないんですけど、スイッチ版の新作って出ないのかな。

 

ところで今日はコンビニに行ってきました。2020年始まってようやくの初外出です。まだ角度によってはウッとなるのですが、腰、稼動して上半身の重みに耐えるだけでありがたい・・・人は失ってはじめてそのありがたみに気付くのだなぁ、と腰をやらかすたびに思います。
あとゲームをする体勢もできるようになったので久しぶりにホロウナイトしてますが、新エリアの地図はできるだけ早く欲しいのですがなかなか・・・手に入らないよね・・・あとジオぶち落としすぎ。楽しい。
このゲーム、主人公が基本的に喋らないので彼(?)の過去とか性格とか全然分からないままなんとなく雰囲気でやっているのですが、どうもハロウネストの成り立ちに関わってそうな空気になってきたのでもしかして記憶喪失系なのだろうかという気がしてきました。そもそもハロウネストとは一体何なのか、という点もまだまだおぼろげなんですけども。いわゆる夢の千年王国みたいな感じなのかな。
あとアクションについて、じわじわやれる事が増えるにつれステージギミックも増えてきて壁蹴りが出てきたところで「あ、これ思ってた以上にガチのアクションゲーだわ!」となっています。空中ダッシュと壁蹴りができると行ける範囲もガンッと増えるからたまらん。
さほどアクションが得意というほどではない身としても、こういう力の入った2Dアクションを遊べるのはそれだけで大変嬉しいですね。

Categories: blog

 

濃い色を避ける練習を。線画の合成モードを変えるのは自分にはかなり有効っぽいので続けたいです。
アップデートしたSAI2がめっちゃ描きやすくて色々描いてしまいますね。早い、すごくはやい流石SAI。

 

定期的に描きたくなってしまうアーウィン。

 

もうちょっと戦闘機描きたくてバルキリーらくがき。
これはなんとなく画材風カテゴリの中に入ってたチョークとガッシュを使ってみたんですが、感覚的にはペインターでやっていた事に近い描き方ができるのでもうこれでよくない?
基本スパロボ知識なのでマクロスは詳しくないのですが7はなんだかんだいって世代ではあるのでやっぱり好きですね。
ただ熱気バサラは今にして思うととんでもないキャラだった・・・。いや、好きなんですけど。

 

拍手レスです

>赤2人のお世話する緑2人の鍋絵が尊いです…

ありがとうございます・・・緑二人にはオカンポジションをやってほしいという願望が、ダダ漏れであります・・・!

Categories: blog

救出進軍絵。わかってたけど形になってより一層茶色が前面に出てきてしまってその辺り大変反省している次第です。馬ばっかりだったので半ばヤケクソになって後方に飛ばしたペガサスの癒され感(色的に)
あとやっぱり濃い色が落ち着かないです。これは馬の面積が広いので馬を頑張ろうとして1番最初に塗った馬が濃かったのを最後まで引きずってしまったのが原因。馬の塗りを見て欲しい・・・
昔の絵を見ると淡い色でまとめて描き込み密度をあげられているものもたまにあるので、そっちに寄せたいんですよね・・・てことで久しぶりにミュシャのスラヴを引っ張り出してきました。
ところでこれはSAIで塗ってるんですけどすごいラクだった。流石のSAIだった・・・

 

SAI2アップデートしたらver1のツールが使えるようになってて非常にありがてえ。風景はこっちの方が描きやすい

 

塗りの濃くてギラギラするのが落ち着かなかったので淡い色の練習に。メガネは純然たる趣味です。
線画の色が濃いとそれにどんどん引きずられていくという事はわかったので、線画の合成モードをいつも乗算だったのからこれは標準70%前後くらいに設定。これなら黒に近い色を使ってしまう事は避けられそう。

 


こういうの1万回くらい描かれてるって信じてる現パロフェレ家がランスの家に集まってだらだらするやつ。ランスさん家が物多そう(圧倒的にもらいものが多い)なわりに1番片付いてそうだからついランスの部屋に集合させてしまう(脳内で)

Categories: blog Tags: ,

画面の半分が馬。とても、茶色い。
なんかかるーく蛇足的に描くはずついがアレコレ増やしちゃって自分の首が絞まります。
馬はまだ描きこめるな・・・。

Categories: blog