カテゴリー: blog

厚塗りっぽく見えるかもしれない塗りの話

なにやら久しぶりにゆっくりできた日だったので気長に待って下さい箱もといお題箱に頂いていた質問への回答記事のようなものを。
厚塗りのコツという事で、一口に厚塗りといってもイメージするものは人によって色々あるとは思うんですがここではカードゲームとかで見る感じの厚塗りっぽい塗りの方法と仮定して話をします。

 

ところで以前友人が厚塗りって線画描いちゃダメなんでしょ?というような方向から厚塗りが難しいとぼやいていたことがあったのですが、厚塗り系の絵で線がなかったりするのは塗ってく過程でラフとか線が潰れていってるだけで、その後に細い筆でエッジ部分を描き起こす作業があるので 線画を描かない=厚塗り ではないです。という話を先に少し。
勿論いきなり色から形を描き始める人もいらっしゃいますが、最終的に入れるべきところにスミは入れると思うんですよね。
『カラー&ライト』という本ではオクルージョンシャドウという説明があったように記憶しています。
何をもってして厚塗りとして定義するかという話をはじめるとキリがないのですが、デジタルでは結果としてそう見えていればいいので「こういうやり方をしないと厚塗りじゃない」っていう頭はとりあえず横に放り投げるが吉です。

 

で、厚塗りっぽく見せるにはどうしたらいいかという話なのですが。
とりあえず丸作って「ベースカラー」「ハイライト」「影」「反射光」をそれぞれレイヤーごとにわけて鉛筆で塗りました。(作業はSAI)
厚塗りっぽく見える絵って、乱暴に分解すると大体これらの要素の中での 色の変化が多い+(場合によっては)色同士の境界部分の色数が多い という状態だと思うんですよね。
あと過剰に彩度の高い色を乱用しない、とかでしょうか。

 

とりあえずそれぞれのレイヤーにガウスぼかしをかけて強引に境界部分の色を増やしました。
これだけでも雰囲気は違って見えると思うのですが、どうですかね。

 

更にエアブラシでそれぞれの色の中により暗い色や明るい色を足した状態。それっぽいといえばそれっぽいのでは、と。

 

あと彩度の高い色の乱用を控えた方がいいというのは、つまりこういう。
厚塗りに限らずですが彩度の高い色同士って実は明暗差があまりなかったりするので、立体感やメリハリに欠ける絵になりがちです。塗りのアドバイスを求められると私はよく影色の彩度は高すぎないようにした方がいいみたいな話をするのですが、彩度のギラついた影って立体表現としては弱かったりします。(あと色相の変化が少ないとか)
アナログだと混色すればするほど彩度が下がるのであまり気にならないのですが、CGは基本的には彩度が下がらない画材なので(SAIとかペインターはいい感じに彩度下がるけど)少し暗めの色合いで塗っておいて最後の仕上げで一気に彩度を上げる調整をすると綺麗にいくと思います。彩度を上げるのは得意で、その逆の処理は少しコツがいる画材なんですよね。CGって。

 

そんなこんなの話を踏まえて塗ってみる。
①ベースカラーにざっと影とかを塗る
②ブラシで色の中の幅を出す
③線画の上にレイヤーを作って1番暗い部分を描き足す(これは線が綺麗じゃなかったので更にもう1枚レイヤーを作ってハイライトのついでに輪郭線まわりを整えました)

 

各工程をフォルダで残したPSDを置いておくので、興味があればどうぞ →レイヤー未統合PSD
厚塗りぽく見える絵のそれなりに無難な作り方としてはこんな感じかなぁと思います。
もし色数や幅は十分なのにいまいちソレっぽく見えないという場合は、経験論ですが恐らく③の工程が足りないのではと予想してみます。ケースバイケースではあるのですが。

 

あとCGにおける厚塗り表現の考え方についてはこちらの講座が分かりやすく大変おすすめ

厚塗りについての考察漫画 | pukko.y

 

ついでにオマケ。10月に描いた絵の塗り工程を撮っていたもの。あまり厚塗りって感じじゃないですけど。

時間制限を設けて描いていたのでこれは基本背景とキャラと線画のレイヤー3枚で作業していますが、自分が普段やってるのはどの絵も大体はこんな感じです。ブラシはペインターのチョークの中にあるコンセプトアートブラシと鉛筆、ソフトオイルパステルの3種類で、ざらざらしてるのは1番上にオーバーレイで紙の質感テクスチャを置いてます。(この記事の1番下にレイヤー構成をのせてます)

Categories: blog Tags:

屋根裏のコンロでマシュマロを焼く会

脳みそを1ビットも使わないと大体こういうのを描いてしまうわけですが、もし追加要素だのなんだのを入れたP5ナントカみたいなのが出た場合にはあけちくんと土鍋を囲んでシメのおじやを食うイベントが・・・ほしい・・・
明智君って鍋奉行っぽいですよね(認知のゆがみ)

 

師走の時間の過ぎる速度がやばいです。もうそろそろ12月半分終わるとかうっそだろ。

Categories: blog Tags:

なんだかんだ使ってしまう

ペインターについてクリッピング機能がないって話をする時、そもそもクリッピングがなくても今のペインターはレイヤーをそれなりに使えるようになってるあたり何気に頑張ってるよっていうのが微妙に通じなかったりすると、そこはかとなく時代だなぁ・・・ってなります。
といっても自分もそんなにペインター暦が長いってわけではないんですけど。昔はペイントソフトといえばペインターみたいな時代があったので、CG講座やってるサイトさんに行くと結構ペインターメイキングのせてる所も多くて「ああ、このソフトってレイヤーないんだな」っていのはなんとなく知ってる人はそれなりにいらっしゃったイメージがあります。あとペインターといえば6ですよねという人は同世代か少し上の方かなぁとなる。もはや伝説ソードみたいな存在の6。

 

気を失うような感じで寝てたので疲れてるのかもしれない

Categories: blog

油彩系ブラシ使いこなせるようになりたいなぁと思いつつもペインターはチョーク・パステル系ブラシでごりごり塗ってくのが描きやすいや

Categories: blog

ううう

人が食べてるものの方がおいしそうに見えるアレ。
PQ2鈍足進行でちまちまやってますが明智君とクマの組み合わせに転げまわっています。なんだあの可愛さ。
あと戦闘中の台詞バリエーションが多くてはちゃめちゃに楽しいです。明智君に対する竜司の態度について、もしお互いの立ち位置が違ってたらここきっとめちゃくちゃ仲良かったんだろうなぁ・・・などとぼんやり思ったりしていました。

 

それにしても急に寒くなりすぎィ!

 

拍手レスです

>ロイ様とぺごの共演おめでとうございます!

forでロイ様が復活してクラウドが参戦したあたりで、流石にもうこれ以上スマブラでびっくりする事はないだろうと思っていたら全然予想だにしてない方向から急所狙いの一撃がきた感じでした。すさまじい俺得ゲーの予感が・・・!
あと福山さんの声とお名前を覚えたのがスマブラだったので、なんか中の人的にも嬉しいですね。明智君も何かあったらいいな・・・!

言語が消失している

全く予想してなかった方向からとんでもない弾が飛んできてもしや何かに騙されているのでは???となっていますが、とりあえず何か描かねばなるまいてと思って

 

任天堂沼とアトラス沼の端っこの方にそれぞれ片足引っ掛けて立ってたらいきなり沼が合体して巨大な沼となりて足場が消失して落下死みたいな感じです。
スパロボならともかく(褒めてる)

Categories: blog Tags: ,

ぼんやりぼんやり

Panda Graphicsさんの冬TOP絵を描かせて頂きました。
サイトトップに使う絵というものを描く事自体が久しぶりで妙に楽しかったですね。

 

あと以前描いたものを塗りなおしたやつとか。
自分は塗りの色とコントラストがとにかく濃くなりがちで、どうにも見づらさとか視線の定まらなさが気になってどうしたもんだか。淡くしつつ密度を上げる方法を身につけたいんですよね。

 

相変わらず心身がグラっといったり、少し浮上したりの繰り返しですが良くなってるのか悪化してるのかよくわからない。
自分の不出来さとか未熟さを呪うのはいつもの事ではありますが、本当にどうにかならないのか。
しかしPQ2はやっています。た、たのしい・・・
これやってるせいでここのところ睡眠時間がごりごり削れています。よくない。全然よくないけど、これを待ってたんだぜ感は物凄くある。
知り合いがPQ2を楽しむためについにP5に手を出したらしいので是非とりあえず1周したのちPQ2やってほしいです。PQ2は今ジュラシックの4マップ目で、P5やってなくてもそれはそれで楽しめる作りだとは思うんですがまあやっぱりP5やってる方が倍は楽しいと思うので。あとハム子かわいいよハム子。

 

気長に待ってください箱もといリク箱もぼちぼち手をつけていきたいです。
9月の終わりからなんか色々と立て込む事が続いてて何やってたのかいまいち記憶がない。車に轢かれて精神がこの世の終わりみたいになってたのは覚えてる(わりと無事だった)

 

拍手レスです。

>南枝さん

どうも、ご無沙汰しております!
アナログ絵のスキャンデータが結構色々と残っててデータ発掘するのがちょっと面白かったです。アクリルが自分の中で熱くて特に色々描いてた時期が多分2005~2007年あたりなんですけど、自分の中ではそんなに時間が経過してる感覚がなくてもう10年以上経過してる事にびっくりします。
鋼錬の絵を描いていたのは恐らく2004年前後くらいかなぁと思います。いやはや懐かしいですね。
もう5年10年くらい先もこんな感じでもぞもぞ絵を描いてネットにあげたりしてるといいなぁと思いつつ、来年からはイラスト教室等ネット以外の所でも作品を作っていけたらなぁと。
ここもまたフラッと見に来て頂けますと幸いであります。

Categories: blog Tags: ,

部屋が地味にチャプチャプしていたらしい

ネットの見える所から消失気味なので日記くらいはもうちょっとマメに動かそうと思いつつも。
自分用メモとかログとかを見たらここ2ヶ月くらい流石に来週はもうちょっとらくになってると思うってほぼ毎週言ってたみたいで、うーん・・・。いやしかし流石に来週からは。さすがに。

 

PQ2は密林予約組なんですけど、そわそわ待ってたらインターホンが鳴ったのでウッキウキで出たところ水道の検針の方でこの部屋だけメーター変な回り方してるんですよねぇ・・・からの、どうやら1ヶ月ほどずっと漏水していた事が発覚。
なるほど最近なんかこの部屋冷えるなぁとは思ってたよ!寝起きしてる部屋の畳の下にも水が溜まってました。
あと台所のドアノブがゆるいんですけどってついでに見てもらってネジを入れなおしてもらったのですが、いやーこれで微妙にがくがくしてたドアノブともさよならだな!とドアノブ捻った次の瞬間しめてもらったネジが飛び出したので漏水よりそっちに頭を抱えましたよね。漏水は直してもらったけどドアノブは解決しなかったので翌日以降に持ち越しだよ。
なおPQ2はKONOZMAでした。
明日は来るといいな。

 

拍手レスです。
23日のログが飛んでいるようなので、もし何かお送り頂いていた場合には再送してやってください。

 

>アナログ絵懐かしいです…!

気付けばかれこれ10年以上前という事実に若干の眩暈を覚えましたが、どうもありがとうございますー。
経年劣化とかもあって絵の具はもう全部処分しちゃったんですけど、そのうちまた道具を軽く揃えたりしてこそこそ小さい絵とかを描いたりしたいです。

Categories: blog

趣味創作もの発掘祭り

13年ほど前の描いたまま放置していたらしい創作ラフ絵のデータ(縮小のみ)をひょんな事から掘り当ててウワー懐かしい・・・!となったのでセルフリメイク的な感じでざくっと起こして日記絵にリサイクルです。

 

2005年の10月って書いてあったんですけど、仕上げてない絵だからかあまり記憶にないや・・・
この時期は背景に色々描くのが楽しくなってきた頃だったので、紙の余白にやたらめった線を描いてました。で、これは描いたものの線が多くて清書するのが面倒でそのまま放置という流れで形にしなかったんじゃないかと。ていうかそれ今もよくやるやつですね。
ちなみにこのキャラは高校生の時に考えてた創作ものの主人公で、私にしては珍しくぽつぽつ漫画で描いたりもしていました。番外編の話ばっかり!ネ!!!
この本編の話を全然描かずに番外編ばっかり描くのって趣味創作あるあるだと思ってるんですけどどうなんでしょう。

 

 

あと最近ちょくちょく昔アクリルガッシュを使っていた話をする事があったので、データで残ってるかなと思ったら意外と残ってたやつ。2005~2006年くらいだと思います。
結構CG暦が長い方なので何で途中で絵の具使うようになったのかって時々聞かれるんですけど、この時期自分の中でアナログが熱かったっていうのに加えて当時のPCのスペックってまだメモリがメガバイドの頃だったので、A4サイズに背景めいっぱい描こうとすると処理がとにかく大変でごちゃごちゃ描きたい時は紙に描いた方が早かったんですよね。
PCで背景のある絵を描こうとしたら遠景のファイル・中景ファイル・近景ファイルみたいな感じで背景だけで2つか3つくらいファイルを作って別々に描いた後で最後に頑張って統合するみたいな描き方をしてたはずです。自分は。
今にして思うとあの頃お絵かき掲示板があれだけ流行ったのもそういう当時のPCスペックの問題ってかなりあった気がします。

 

それはそうとこの人達の漫画もいつかは描きたい。

Categories: blog Tags:

ぼんやり

相変わらず時間の感覚がおかしいのでロイ様のこのお衣装出てからもう3年くらい経ってるような気がするしヒーローズも5年くらいやってる気がするというのにスマブラ復活って去年じゃなかったっけ?てなる。来月にはもう新作とか早い早いちょっと待って・・・!

 

なんやかんや色々やっておりまして。
高校のイラスト部の非常勤講師になったり、昨日はお隣の市の中学校の美術部へお邪魔したりしてきました。
先月の個展効果でありがたいことに今ちょっとしたローカル有名人みたいな状態になっているらしいのですが、そういう事もあって絵描きという立場から色々とお話を伺ったりする機会が地味に増えてきた感じであります。
それに伴いあれこれとまた考え込んだりしています。正直なところ自分が中高生の時代には考えられないほど明るくなっている状況もあれば、一方では今になってもいまだそういう状態なのか・・・というような事もあり。なんというか教えてくれる人や場がとにかく少ないという問題が思っていた以上に深刻だなというのをひしひし感じています。
特に島根の西側という場所は絵を描いて出すイベントもないのでとにかくまず情報が入ってこない、入ってこないので興味はあれども色々とわからない事が多い、夢や進路や技術といった事の相談もなかなかできない。これは私も過去に通ってきた道ですし、更に自分達の時代はオタク文化に対する風当たりが強かった頃なのでまず漫画絵を描いているというだけでそらもう散々バカにされてきましたから、イラストで頑張りたいみたいな話を人にし辛いという気持ちも物凄くわかるので・・・本当に少しでも何かできないかな、と。
イラストで仕事という道はあまりおすすめはできないけど、それでもこの土地に生まれたから無理だなんて事はないと思うんですよね。
私自身はこの土地や人に対するネガティブな気持ちっていくらかは持っているのですが、それでもやはり地元には頑張って欲しい。
何もしなければここもいつか潰れていくだろうなぁという感覚を漠然と持ちながら、でも何もできないしなぁ・・・と思っていたのですが、どうやら少しくらいは絵を描いてきた経験が役に立ちそうなので、必要があれば絵の話をしにいったりしようと思っています。

Categories: blog