カテゴリー: blog

サイキックフォースという十字架を背負ってるオタクなので前髪パッツン系キャラの描きやすさといったらないぜ。
ローレンツは最初はテンプレ貴族キャラかーていう印象だったんですけど、戦闘に出したら一気に好きになってしまった。こういう自分なりの美学を持ちながら頑張って動くキャラにはほんとめっぽう弱いんですよ。いい子やな・・・
ていうか生徒さんがみんな可愛いので困りました。
FEだし多分この先いっぱい辛い事があるんだと思うんですけど、どうか真っ直ぐ育っておくれよ。

 

 

あとアッシュ君はあきらかヤバイのが火を見るよりも明らかだったので心の準備をしてしっかり身構えた上で会ったから暴発せずにすんだみたいなところはありました。

 

描いてて楽しい系のキャラデザ(+黒ベタ前提だと早く形になる)なのでごそごそ描いてしまう。
クロードはキャラ的には相当好きなんですけど造詣的には何をどうしたらいいかわからない・・・楽しいけどツボがいまいちわからない。
ところでこのゲーム、キャラの落し物が異様に多くないですか。
ぶっちゃけ戦闘やってる時間よりも落し物の主を探してる時間の方が長い。
戦闘は今回初めてカジュアルでやってるんですけど、これはこれで気楽に進められていいですね。ストレンジジャーニーに疲れたからサクサク遊びたくて。

Categories: blog Tags: ,

衣装難しい・・・
事前情報ほとんど仕入れずだったので何もわかりませんが(アッシュ君がめっちゃかわいいことは知っている)ヒーローズの想いを集めてでクロードが好きだなーと思ってのと、クラス紹介で見たイグナーツ君に一撃でやられたため金鹿はじめました。全く警戒してなかった方向からとんでもない矢が凄い勢いで飛んできた。イグナーツくん・・・
ゲームはまだ模擬戦を1回やっただけなんですけど、戦闘パート以外にやる事がいっぱいあるのがいいですね。散策要素好き。
戦闘以外のところでゲームの中の人々の生活とか土地感みたいなものが見えてくるこの感じはとても良いです。
あとエコーズのときも思ったんですけど、3Dの導入でムービーなんかでメインキャラ以外の人がたくさんわらわらーっと進んでくる様が視覚的に見えるようになったのは良い進化だなーと思います。ドットでのユニット表示も好きですが、あれだとたくさんの軍勢で戦ってる感がどうしてもピンとこない部分はあったので。
武器の三すくみ要素はもしかしてなくなってる・・・?

 

イグナーツくん・・・
あとベルナデッタとレオニーのことをパっと見男の子だと勘違いしてこのゲーム性癖に刺さる少年キャラ多いな?!?!と若干うろたえたりしていました。かわよかわよ。

 

拍手レスです

>イラストのベース塗りの時はどのツールで行っていますか?

基本クリスタのバケツツールです。多少線が曖昧でもうまいこと隙間を塞いで塗りつぶしてくれるので、クリスタのおかげで今は塗りわけ作業はかなり早くなったように思います。


あとは一回で拾いきれない線の中の隙間を埋めるために1番下のレイヤーにこういうキャラクターの外側だけ選択→反転して作ったシルエットレイヤーを配置しています。

微妙な差ではありますが、これで一気に隙間を埋めています。

Categories: blog


水面下作業モードだと書くことがないので録画を

 

メガテンDSJ終わりました。実際には終わってなくて、ラスボスがどうしても倒せなくて動画でEDを見てきたのです。く、くやしい・・・
というわけで以下ディープストレンジジャーニーの話なんですが、終始B級SFという感じで進んでいってそういうのが好きな人間的にはたまらないゲームでした。
前半部は面白くてどんどん進めていけたのですが、マップ後半になるほどギミックがただ面倒くさく感じられてダルさの方が目立ってしまった感じでした。好きな人ならやり応え要素として感じられるのかもしれませんが、私にはちょっとあわなかったです。
とはいえその辺りのマップに対するストレスもストーリーがうまくカバーしていて、やっぱりなんだかんだいって面白いゲームだったなという印象になっています。ラスボスは倒せなかったけどね・・・!あとシステムがよかったです。
最終的に難易度をカジュアルに下げていたのですが、難易度カジュアルにしててもボスは硬いわ結構即死するわでカジュアルとは・・・
メガテンを遊んだのはデビチルと真4とこれで3作目なんですけど、私がメガテンに求めていたものはこれだよ!感が一貫してすごかったです。入り口がデビチルだったので、どっちかっていうと痛みの大きい方を求めていたのです・・・終わらない戦いがここにあるんだ。いわゆる神様EDでしたが、人の身で成せない事についてはもう人を超えるしかないと思うのであれはあれで。アーサーが一緒にいてくれた事が一匙分くらいには救いでした。
しかしその後シュバルツバースは何気に結構な頻度で出現してない?人間、地球からだいぶ嫌われてるな。
あとデメテルの最期はぶっちゃけ自業自得だなって思ったんですけど、あれはちょっとかわいそうだった。ハーベストですのよ。
ちなみにEDというか自分が突き進んでいたルートは真EDだったようです。嘆きの胎は行っといた方がいいんだろうと思ってやっていたのがどうやら正解だったようで。というかあそこって追加要素だったんですね。てことは元々のストーリーはもっと救いがない感じだったのでしょうか・・・
人類の未来とアレックス・ジョージの次の旅に幸あれだよ。

 

そしてこれで風花雪月が!できる!(烈火はちょっとお休み)

Categories: blog

絵とは関係ないのですがストレンジジャーニーに気力を吸われ続けています。え、えええー・・・流石にもう最後だよね・・・?
ハーベストおまそういうーーーーーー!
もはやメムアレフなんとかして早く地上に帰りたすぎてあの3人の事をうっかり失念していました。

 

追記にウォルロイものです
Read More

Categories: blog Tags: ,

 

プトティラの顔のデザイン画好きなんですけど、その肝心の顔がよくわからなかったという。気が向いたら加筆したいです

Categories: blog

公式に温泉施設があるんだから(ヒロズ)なんかそういう絵をと思って。
塗りながら何でこういう題材で女子にしなかったんだと若干の後悔を挟みましたが、うちの飛空城の休日は基本ロイ様たちと父上とウォルトで男子しかいないから・・・しょうがなかった・・・。

 


フォトショップで色塗ると手早く形になるので色塗るのが楽しい

 


頭蓋骨の形取るのが下手すぎて頭描くのが苦手なんですけど、何かいい方法はないものか。

 

メガテンDSJが終わる気がしません。い、いやでもP5Rまでにはなんとか・・・
ワープしまくるダンジョンはもう勘弁して下さい。
P5Rは楽しみすぎて全然情報追ってない。

 

拍手レスです

>10/2のウォルロイの3、4枚目は

ですです。アングルの都合で顔が入らなくて2パターン描いてしまったという。
赤面照れ顔が好きで何度でも描いてしまいます。乳兄弟かわいい。

Categories: blog Tags: ,

 

ウォルトの髪型がいまだによくわからない

 

いつものGペンだと線がバキバキしすぎるのが段々気になってきたのでデフォルトで入ってる鉛筆系のブラシをいじってみる。
動作確認と練習用の立ち絵って書く事ないですね。

 

追記にウォルロイです

Read More

Categories: blog Tags: , ,

しにモードでしたが薬が増えて友人と深夜男子の紐パンツの話をしていたら息を吹き返しました。
具合悪くするレベルで自己否定の念が酷いのなんとかならないのかな・・・。最近は特に絵もなんだか描けば描くほど下手になっていっているような気がしてもうどうにもならなくて、逃げるようにゲームをしています。
友人が物凄い速度感で烈火沼に突っ込む姿勢をとっている影響で、久しぶりに烈火の剣をはじめました。ううう面白い・・・あと良い感じに話を忘れているのでいいですね。烈火終わったら風花やりたいですね。
ストレンジジャーニーも並行してやってるんですが、これ全然終わる気配がないよハハハ。P5Rまでに終わるかわからなくなってきた。

 

お仕事の宣伝です。
AIカードバトル【ZENONZARD】にてイラストを2点描かせて頂きました。
実はリリース日からちょこちょこ遊んでいたりします。お手軽にがっつりカードが遊べるのが楽しくって・・・下手すぎて全然勝てませんが、いいんだ別に。
イラストに関してはこの辺りからほぼフォトショップに移行しているのですが、少しでも良い感じに見えるといいなぁ。
人外キャラのオーダーはとても嬉しい。

 

拍手レスです

>ご自身が社会不適合者とお悩みだそうですが

いやはや思い当たる事ばかりで、お恥ずかしいやら情けないやらです。
まさに過去の嫌だった記憶を何度も思い出している状態でして。これに歯止めがきけばいいのですが、これが全然だめで。
でもこう、おっしゃるように少しずつシフトしていければいいなぁと思う次第です。
いきなりポジティブに今を生きましょう!みたいには、逆立ちしてもなれないのはやっぱり自分自身がよくわかっているので。
お優しい言葉をかけて頂きましてありがとうございます。
多分まだあと1、2年くらいはこういう良いときと悪いときの波が極端かつ交互に襲ってくる感じだと思うんですけど、マイペースにいけたらいいなぁと思います。

Categories: blog Tags: , ,

自分の人間性やコミュニケーション能力については多いに問題ありなタイプだと思っていて、特に卑下しているわけではなくマジで自分自身この社会不適合ぶりに困っているのですが、こういうのって一朝一夕でどうにかなるもんでもなく。
もうちょっとマシになりたい・・・と思ってはテンパって自滅のサイクルです。本当にこういうのよくない。
過去の自分に決別して!今を生きましょう!という思考にはなれないし、そういう生き方に今すぐなろうとしなくてもいいと思うんですけど。
ただぐじぐじと過去の失敗した記憶とか、(何かを始める前から)失敗した時という仮定の未来を考えて暗澹たる気持ちになるのはいい加減なんとかしたいです。
なんていうか心に余裕というか寛容さがないんだとこの文章書きながら思った。
前向きにはならなくてもいいのでダメな所もまあいいかと流せるようになりたいです。
ここ1年くらい正直スカスカの理想を夢見て現実の自分に落胆し続けてる感じなのですが、まずこれをやめたい。みたいな事を考えていると涙が出てくるので今日は本当にダメな日だなと思いました。作文。
こう、やめたい事ばかりスラスラ出てくるっていうの、よくないよなぁ。

 

という日記よくない、よくないよ・・・否定的すぎるので、良かったゲームの話とかしていきます。

 

【アントールの犬】

フリーゲームでクリアまで1時間もかからない、という事で触ったんですけどすごくよかったです。
アントールが生まれてから死ぬまで、その時間を見続けるゲームといえばいいのでしょうか。
基本的には時間の流れを眺めているだけなのですが、その間ずっと犬と一緒に歩いていくんですね・・・犬と一緒にいる人生ですよ・・・勿論犬の方が先に旅立ってしまうんですけど。
その犬たちの姿が全てたまらなく愛しいし、こういうものを見せてくれるこのゲームの中で流れる時間って美しいなと思った。アントールの人生だって良いことばかり起きてたわけじゃないと思うんですけど、あえて人生の美しい瞬間を切り取って淡々と流していたような感じです。それが動くアルバムって感じの作りになっていて凄くよかった。
こういうのはやればわかるよとしか言えないのですが、私自身はこれまで2匹の犬と生活していた事もあり(うち1匹はまだまだ元気です)このゲームの涙腺破壊力は凄まじかったです。いやほんと、語彙力がなくていいゲームだったよとしか言えないんですけど。犬好きな人にはおすすめしたくなる。犬・・・

Categories: blog