ゲームの仕様上どこいっても大体同じ絵が表示されることもあってか、ナバタとイリアは砂漠と雪国っていう方向性の違う景色が見えてくるのが新鮮に感じられて好きです。
あとナバタといえば初見時に外伝で苦しめられた事もあって印象深いですね。サンダーストーム、おまえのことだよ。

 

あと逃避で3D組んで絵を描くやつ。

 

複雑な形状を作るのはまだ無理なので積み木ハウスに窓とかをブーリアンでくり抜いた程度ですが、アタリに使うくらいであればこれでもいける。というか適当に作りすぎてアタリにしか使えない。正面の2階の窓でかすぎだし。これだけなのにモデリング1時間くらいかかっちゃってます。さくさく作れるようになりたいぜ。
多分時間かかってる要因の1つに下絵作って読み込みとかせずいきなり作ってるのもありそうなんで、初心者なんだからちゃんとガイド用の図面作れや・・・と思いました。
まあでも3Dでやってみたかった家を建築というところは一応できたのでよかったです。とりあえず1軒建てたらあとはオブジェクト複製するだけで村の絵が描けるよォ~~~~~。
見えるとこしか作ってないから手前の橋っぽいものがひどいですね!

 

一応ラフは作ってて、これを3Dで組むのを目的にしてたわけなんですけど実際に組んでこういう感じでカメラを構えると絵的には微妙だったな・・・ってなっちゃって。なんとなくカメラをためしに反対側に回したらそっちの方がよかったのでそうしました。
そこまで考えて3Dに手を出したわけではなかったのですが、3D化することによりカメラアングルの自由度が飛躍的にあがりましたね。うーん便利。

 

PQ2やりたい

 

拍手レスです

>草の緑とか空の青の質感がすごく素敵に

わー、ほんとですか!嬉しいですね!
全体的に渋めな彩色をしがちなのですが、最近はもうちょっと鮮やかな色にした方がいいんじゃないかという気持ちもあって使う色の彩度を上げるようにしているのですが、もしかすると寒色系の色はその辺りの変化が顕著なのかもしれません。

Categories: blog Tags: ,