昔の絵を見てたら、なんか昔の方が派手な絵を描こうと頑張る気があった気がする・・・って思ったのと、なんか、そんな特徴のある絵でもないんだから塗りもうちょっと拘った方がという気持ちの合わせ技からひたすら色を塗っていました。ひとつわかった事としては、今のやり方だとオーバーレイかますのあんまり向いてないなという事だった。ウン・・・

 

心の出力が落ち気味の所に、ツイッターでうつに寄り添った人的な漫画が流れてきたのを読んだんですけど読めば読むほど辛くなってしまい途中でやめてしまったりしたのですが。
実録ものだと勘違いしていたのですが、どうやらフィクションだったようで・・・その点はよかった。んですけども、あれが効くと思って接せられたらと思うとゾッとするし、過去うつの知識があんまりない人たちに色々言われてどんどん状況が悪化して息をする屍になってた頃の事とか思い出して少なくとも私は地獄の窯のふたが開きつつある。
特に購入してもいないコンテンツにうだうだ言うのは極力したくなかったんですけど。申し訳ない。ただただつらいッス。

Categories: blog