カテゴリー: blog

ブラボン探偵はなんとか青~少年っぽい感じにしようと思ってキャラメイクのときに頑張って顔の凹凸を減らしたりしたんですけど、その結果ブラボン世界的にはすごい貧弱そうな顔つきになっちゃって正直血を見たら一発で倒れそうだなぁと思いながらゲームしてる。しかして装備で良くも悪くも顔が隠れるのであまり気にならないのでした。良くも悪くも。

 

習熟度の関係だと思うんですけど、なんだかんだいって塗りで密度感出しやすいのがペインターなので2020のアップデートは・・・ううーん、どうしよう。今移行するとセールでお安いのでめちゃくちゃ悩んでる。
面倒が多いソフトなのでフォトショに移行したいと思ってるわけなんですが、ペインターつつくと描き味に関してはマジで最高なので悩ましい。それ以外は以下略。

Categories: blog

先日のサイファ4周年お祝いの金田さんウォルトがめっちょよかったので、もみあげの長いウォルトをこそこそ描くやつです。こっちの方が描くのらくだった・・・。

 

聖魔とりあえずこれで。色々と課題の見えた1枚だった。上手くなりたーい。
あとフォトショの技量をあげたくてフォトショ塗りの練習も兼ねてみたのですが、それなりに見れるものになってきたと思いたいところです。良し悪しがわからない。
ゲームの方はレンバール城でエフラムと合流した所まで。今回は赤緑を使いたいのですが、フォルデが伸び悩んでるのでううーんどうしよう。ヨシュアとアスレイは今回もセットで運用予定です。ひねりもなくヨシュアスほしい。ヒーローズもお待ちしております(アスレイの実装を)

Categories: blog Tags: , ,

これちゃんと背景も描いてるんですけど、白い方がいい気がしている。
自分で描くとエフラムをどうにも落ち着きない感じで描いてしまうのですが、手勢だけで城落としにいったインパクトがでかすぎるんだと思う。
槍一本持って強くなりたかったあのエフラムが、ルネスを取り戻した時に自分が最初の方でルネスに戻らなかったことをちゃんと悔いているのを見て、ああ彼はたしかに王の器なんだなぁと。そういう所も勿論好きなんですけど。もういやってほどやばい目にはあう(部下が)エフラムが好きなんですよね。つよいぜ脳筋王子。
ターナと支援組ませたらフラグばっきばきに折っていくのは流石に心配した。そこまでヒーニアスの話をしながら何故にヒ様との支援がないのか。

 

そんなこんな聖魔絵描いてるのもあってエイリーク編が手付かずだったのを思い出し聖魔をイチからはじめました。暫くやってなかったせいでストーリーをだいぶ忘れていますが、2周目は誰スタメンでいこうかなぁ。あと初回エフラム編だったのでヨシュアとケセルダの話が???だったので(はじめましてからの突然のさよならケセルダだった)そのあたりを拾って行きたいです。エイリーク編だと2人の話があると聞いた。
あと聖魔のシステムとバランス感がやっぱ相当好き。GBA作品としては3作目という事もあってか封印烈火に比べると格段に遊びやすくなってて、かついくらか尖った部分もありで個人的にはツボなバランス感なんですよね。

 

拍手レスです

>聖魔4人組が少しずつ出来上がっていくのが見れて

ありがとうございますー。
じわじわつついていますが、普段あまり描かない組み合わせと色合いでなかなかに楽しくやっております・・・!
ここ4人は初回プレイのスタメンだったので思い入れもたっぷりめです。

Categories: blog

鈍足進行ぶり。これは背景の線を描くか描かないかでちょっと迷っています。

 

アンダーテール2周目終わりました。な、なんとかなった・・・
1周目はNルート、2周目はPルートです。Hopes and Dreamsが流れている間の「絶対負けない」感は素晴らしかったです。
プレイ時間は1周目も2周目も300分いってないのですが、めちゃくちゃ濃密な時間でした。
あとはGルートなんですけどどうしようかなぁ・・・Pルートの満足感がすごいので暫く間をあけてもいいかなという気持ち。アンダーテールの初回プレイのとき、あまりにも初見の戦闘が辛すぎてコレ無理で投げ出すなんてことになったらいいよもうマザー2やるから!と思っていたので、マザーやるのもありかな。と。いや、なんか雰囲気的に。
マザーシリーズはあまり触ったことが泣く、2だけ人に借りてやったことはあるのですが私のデータはいつもスターマンと戦ってセーブするとデータが消える呪いにかかっていたので最初の方か知らないんですよね。

Categories: blog

線でビシっと形を取るのが苦手なので色と簡易影入れながら確認しないと最近は物凄く不安

Categories: blog

生きてます(挨拶)
ちょっと数日また暗黒面が煮詰まって具合悪くしてたりしましたが、なんとかぼちぼち。
それはそうと携帯が壊れまして!
急遽機種変更はしてきましたが諸々のデータがサルベージできるかどうかちょっとわからないという。全く連絡つかない状態ではないのですが、LINEとかは確認できずなので近況報告を兼ねてここを書いた方がいいなという感じで出てきました。絶望的と思われたヒーローズのデータはいつやったか記憶にないニンテンドーアカウントとの連携のおかげで事なきを得ました。水着ヒーニアスの召喚に成功したのでヒーローズのデータ吹っ飛んだらマジ泣きするところでしたよ・・・

 

とりあえず6月の大変なところは乗り切ったはずなので、ゆるゆる日記も動かしていこうと思います。
クリスタとフォトショップを行き来しつつpainterの新バージョンが出たのでそっちも入れて触っています。
以前に比べてブラシがぬるぬる動く気がする。パフォーマンスが向上してるらしいんですけど、処理速度多少はあがってるかな?という感じ。頼まれものを1枚painter2020で処理してみたのですが、やっぱり塗りに関してはペインター最高だな。レイヤーまわりも良くなってるらしいのですが、ちょっとどの辺りがどう変わったのか把握してないのでそのあたりはまだ実感できずです。

 

あとネット上であまり動きのない間に携帯が壊れてソシャゲができなかったので、じゃあ積みゲー崩そうと思ってアンダーテールをやってました。
とりあえずの1周目クリアです。ストーリーのネタバレにならない話だけ書くと、戦闘システムのシューティングゲーの回避能力を求められるところだけは勘弁して欲しかった・・・
私のシューティングの腕は式神の城のステージ2までなので、最後の方はもうこれ運ゲーだな・・・と思ってやってました。正直自力でクリアできないかもと心折れかけてたんですけど、一応なんとかなった。ただ2周目でもなんとかできる気がしなかったのでトゥルーEDっぽいのは動画で見るというズルっこをですね。
凄く良かったんですけど、内容的に自力でやった方が何倍も威力がありそうな感じだったので2周目やれるところまでがんばります。
噂には聞いてたけど音楽が本当によかった。まさかボス戦のBGMがキャラ別で用意されてるとは思わなかった。
アンダーテールに関しては海外のなんか凄いゲームがあるらしい、パーカー着たスケルトンのキャラが人気っぽい、くらいの知識しかない状態で遊んでたんですけど、ほぼ何も知らないゲーム最高でしたね。戦闘で投げ出しそうだったけど、とにかく展開が読めなくて先を知りたいという欲求が強さから一気にプレイしてしまいました。熱かった。

Categories: blog

進行度がちまちますぎる。何気にエイリークちゃんと描くのはじめてだった。

 

ちょこちょこ外でお絵かき講義っぽいことをしているのですが、1回外出すると残機がすぐなくなるのでどうしたもんだかなです。ポジティブな見方をすれば外に出て人と喋れるようになっただけよかったかなとは思いますが。昨年の今時期は記憶がない。
しかし今年は夏から外に出て何かする時間がじわじわと増えていく感じになりそうなので、もうちょっと何か対策をたてたいところです。この調子だと色々やりながら並行で原稿できる気がしないので9月のようベルは諦める方向で考えた方がいい気がしてきました。大阪こくほこはなんとかして行きたいんだけど。

Categories: blog

ヒーニアス描きたい→ついでにエフラムも描きたい→妹も描いた方が絵的に収まりがいいからエイリークとターナも。で、じわじわ人数が増えてしまってどうしよう。ありがたい事に6月がパツパツなので息抜きにこれ描き進めていきたい感じです。

 

拍手レスです

>スケッチ風(でいいのでしょうか)の明智くん素敵です!!

ありがとうございますー。人と話しながらスケッチブックにペンでゴリゴリ描いてました。こういうのはペンで余白埋めていくのが楽しいのでわさわさ描いてしまいます。

Categories: blog

FF9クリアしました。よかった・・・ので以下つらつら感想を。

 

作中何度も出てくる「生きる」というフレーズ。自分を生きるって何だろう、自分で考えて導き出した自分の意志と決定に自分に責任を持っていくことじゃないか。
私はそういったものを感じていたわけなんですけど、そうやって自分を生きるって本当に・・・難しくて。
人は意外と自分自身ではなく、実は誰かの何かを生きてたりして。それは育った環境の影響でそう思わされているとか、そういう中にずっといるとそこに疑問を持つこと自体が困難だったり、いろいろですけど、実際にFF9で語られたような意味で自分を生きるって存外難しくて大変な事だろうと。そんな風に個人的には思ったりするわけなんですけど。
それでもそこに逃げるんじゃなくて向き合わなきゃ・・・そうしてみんなで成長していくのがとてもキラキラした物語でした。
作中では何かを悩み、決断する事を繰り返していくわけなんですけど、そのひとつひとつを変に揶揄したりしないのが良かったです。そういうものをちゃんと大事にしていった結果「生きる」というフレーズにどんどん厚みが出ていって納得のラストに繋がった感。
あと個人的にスタイナーの描かれ方はとても良かったですね。最初は騎士という役割を生きていたけど、次第にちゃんと本当の騎士という自分になっていったので最終的にめちゃくちゃ格好良いキャラになっててブワッ。

 

やっぱりなんだかんだいって頑張ったらちゃんと頑張っただけ報われて、最後に待ってる人のところに帰ってくるタイプの話が好きだなぁと思った。
FF9よかったッス。

Categories: blog Tags: