タグ: ULTRAMAN

昨日は何もしない!と思っていたので何もせずに(でもちょっと作業はしたりしてた)ULTRAMANをまた適当な巻数ほど巻き戻って読み直したりしていたのですが、情報量が多いだけにパチパチパチっとピースがはまってくると物凄く気持ち良いんですよねこの漫画。
久しぶりに読み直すと北斗君はかなり後のない戦いをしてたなぁとか、進次郎君は随分成長したなぁとか、諸星さんは確実に面白キャラの道を進んでいるなぁとかいろいろ。
なおバルキー星人については個人的にはそういう展開いいよもっとくれの心境です。
4月からはアニメも始まるのでそっちも楽しみなんですけど、ネトフリ配信版の続きになるんでしょうか。あんまり情報追ってないのでわやわやなんですが、ネトフリのシーズン1が面白かったのでシーズン2については安心して待っています。ネトフリでも配信やってくれたら自分はありがたいんだけどな。

Categories: blog Tags:

エース登場まで

1日1話くらいのペースでまったり見るつもりだったのに1日3、4話ペースで消化している本日3日目です。お、おもしれぇ・・・
動くエースがウルトラマンとセブンと並んだ時に一回り小さいのがよくわかるのとても可愛い。
それにしても自分はこういう特に選ばれた人間ではなかったけど底の方から手段を選ばず這い上がってきました系キャラに弱いよなぁとしみじみ。某ゴロウさんとか。なんだろう、執念じみた信念みたいなのが好きなのかもしれない。ちゃんと一本ブッといものが真ん中に通ってる感じというか。

 

昨日からちょこちょこ描いてたロイ様。線画はiPadです。A4の印刷サイズで全然描けるのですごい。
ただまあやっぱり慣れとかの問題でまだPCの方が描きやすくはあるので、iPad作画は時短になるかといえばまだそこまでではない感じです。あと細かい装飾の作画とかはPCの方がやりやすいんですけど、これも慣れの問題だろうなぁとは思う。

 

フォトショはえええ

Categories: blog Tags: , ,

ULTRAアニメ

アニメでも諸星さん安定の強すぎ描写だったので全然笑うところじゃないのに笑ってしまった。
声がめちゃくちゃドスがきいてていいなぁと思いながらアニメ見てるんですけど、江口さんって少年キャラのイメージが強いのでこういう役は物凄く新鮮・・・というか声優さんって改めて凄いや。
そしてアニメはもう少しゆっくり消化していくつもりだったのに8話まで見てしまった。脚本のテンポが良くてぽんぽん見てしまう・・・。
何気に序盤のおさらいにもなってて、今見るとベムラーまわりの描写や言動がああそういう事かって納得です。
しかしなんといいますか、正直思った以上にウルトラマンを描く気なんだなというのが伝わってくるのは良いですね。ULTRAMANを見ながらお前は何をいっている。こう、漫画をベースに特撮の方に寄せてきてる感じといいますか。絵が好きで漫画買ってるところもあるので、ぶっちゃけキャラのモデルはもう少し漫画に寄せてほしいなぁと思ってたとこはあったんですけど、そういう風に持っていくのならこれ全然アリだなってなってます。
あとこういった展開をすると色々言われそうなので、ネトフリだけでやるっていう選択は正解だったのかもしれないなぁと思ったりです。
まあこの手のノリが嫌な人はそもそも漫画も見ないとは思うんですけど。
アニメ版のレナの描き方は結構好き。個人的にブラックキング出してくれるのは嬉しいんだけどレッドさんは・・・?
アニメ面白いのは嬉しいんですけど、作業しながら見れないのが辛いところです。サッポロポテトの消化しかはかどらない。

Categories: blog Tags:

13巻とアニメ見たよ

ばたばたしてて積んでたULTRAMAN13巻を読んだらまさかの舎弟漫画だった。
北斗クンがんばれ、めっちゃがんばれ。諸星さんが一人で圧倒的に濃いぜ。あとタロウはてっきり剥き身のままなのかと思ったら次の巻あたりでスーツがでるのかな。

 

あと空飛ぶトラウマがカラーページで挟まってたので私大歓喜です。
レオが出てきたならノーバ出してくれないかなと思ってたので心の中でガッツポーズを決める。昔はどちらかというと怪獣を応援する子供だったんですけど、コイツだけは怖すぎて無理って思ってたはずなのに今ではこのデザイン相当好きなんですよね。ひねりもなく狂気がすごい。赤いてるてる坊主が無表情で赤い世界を飛びながら赤い霧噴射してくるのやばい。

 

この手のあきらか裏表あるでしょ系のキャラって全然らしく描けない・・・
ネトフリ登録だけはしてたんだけどページが重くて全然見れなかったウルトラアニメなんですけど、ようやっとページ読み込みに成功したので一気に4話まで見ました。音と映像演出がついた効果か思いのほかウルトラマン見てる気分でいやはや良いですね。所々ホラーっぽいのめちゃそれっぽくていい。
あとよくあの情報量をまとめたなぁと。かなりテンポ良く、かつスッキリまとまっててびっくりしました。アニメするする見れる。
諸星さんがあまりにも殺気を隠す気がないので笑ってしまう。

Categories: blog Tags:

コロス!

お題箱から「カッコイイ諸星さんとおまけに進次郎くん」でした。エドは趣味です。
描いた後で気づいたんですがこれはカッコイイ諸星さんではなかったような・・・諸星さんは基本どこ切り取ってもカッコイイはずなので・・・
ともあれ自分はULTRAMANの話できる人がまわりに全然いないので嬉しいリクエストでした。ありがとうございます。アニメ楽しみですよね。神山監督といえば私は009のイメージなんですが、あれもなー。よかったんですよね。

 

スキャナだめかもしらん状態ですが、いける時は普通にいけるからじゃあまだ買い替えしなくても・・・ってなっています。すごい、微妙なところ。ダメな日は全然ダメなんですけども。

 

相変わらずメンタルがあがったりさがったりしてるんですが、それはそうと自分が予想以上にP5Aエンジョイしてて土曜深夜投下される燃料で急激に活力を得たのち消化するのに1、2日を要しもっちゃもっちゃ生きていたら次の土曜深夜がきてみなぎりまた理解と深呼吸に1日2日を置きの繰り返しできてるのでTVアニメってすごいな・・・毎週描きおろしが動いて声がつくんだもの・・・
今期は明智の吾郎くん可愛いですよbotとして生きていく。

Categories: blog Tags:

黄金の城塞が

170722b

ようやっと10巻読んだんですよ。ていう勢いだけで描いたので6人入らなかったんですよ。
なんかこう、すごい、めっちゃウルトラマンの漫画読んでる感じがする!ていう・・・なんだろう、何なんだろうこの感じ・・・ってのをちょっと考えたところウルトラマンの漫画というと自分はウルトラ忍法帖とウルトラマン超闘士を読んでいたので主にそのせいじゃないかと思うんですよね。
新刊出るたびに特撮の方から引っ張ってきたんだろうなっていう見覚えのある要素がかなり増えてきて、思いのほかウルトラマンの漫画っぽくなってきた。というのは恐らくめちゃめちゃ少数派の意見だと思うんですけど、もしラスボスはゴーデスって言われてもそっか~~~~ってなるでこれ。
いやタイトルがULTRAMANだしずっとウルトラマンの漫画なんですけども。この、あれ。この感じ。っぽい感じ。語彙力とは。
1巻の頃はあんまりそういう要素を期待しすぎないようにと思って読んでたんですけど、ここまでくるとそういう漫画なんだという認識でいい気がするのでそういう漫画を期待して読もうと思いました。11巻は獅子の瞳が光るのかな!
10巻良かったです。

 

170722

なんも考えんと描いていたので進次郎君の角度が同じだった。
飛行能力というウルトラマン的にはかなり王道の能力を得たのに周りのメンツが濃すぎて頑張れ主人公!

Categories: blog Tags:

7さん

t170704b

地方なので新刊は明後日くらいかなーという。ULTRAMAN。
新刊そろそろかなぁと思ってまとめて読み直したりしてたんですけど、巻数が進むごと&読み直すたびに諸星さんがじわじわと何かしらの株をあげてきています。自分の中で。というのも実は初登場時ここまでストーリーにがっつり絡むキャラだとは思ってなかったみたいな部分が結構あったんですよね。諸星さん。
まあそれをいうとジャックなんかもそうなんですけど、最初の頃はそのあたりは特定層向けの読者サービス的なアレかなと思ってのほほんと見てたので新刊出るたびにアーアーアー!アー!!!ってなってるので、今はそういう部分でのびっくり感を楽しみに単行本待ってるフシはあります。
個人的には派生作品もののこういう展開って嬉しい方であります。
なにせ都合よく可能性の宇宙に住んでいる系オタクですからね!そこは都合よく!
作品の数だけ可能性の宇宙が存在するけど、でもなんだかんだでちゃんと原初の海へかえる。

 

t170703

ところで昨日は週明け早々にぐったりしてました。ブドウ糖を血管に流すのが1番きくけど、何せよアカンやつ。
疲労と睡眠の質の低下のあわせ技でした。
睡眠がかなり浅くなってるのは気温と湿度の高さもあると思うので、本当に気をつけないと・・・年々限界値がさがっている。

Categories: blog Tags:

やや低速モードです

161114b

へばってた間がちょっと長かったもんだから今色々やってるわけなんですけど、日中がりがり作業して夜らくがきしてたら日付変わる前とかなのでじゃあもうPC落とすか・・・というような日が続いていますが週末頃まではこんな感じです。土日までちょっと潜ります。
ところで自分で作った素材が管理できてなさすぎて、フォルダの中探したら何か使えそうなものがあったようななかったような・・・何かあったっけ・・・って素材が入用になるたびに探すんですけど、過去の自分がつけたファイル名がことごとく適当すぎるせいでパっと見ただけじゃそもそも何を描いたファイルなのかさっぱりわかんなくて

 

t161113b

このファイル名から何を察しろというのか

 

161115c

その上にあるこれもよくわからないし

 

161115d

何だよ

 

t161113c

あとファイル名ついててもいまいちわからないやつとかもある。

 

ファイルがもさもさと増える一方なんでそのうちファイル整理せにゃとは思うんですが、それ以前の問題なんだよなぁ・・・

 

161115 161115b

あとULTRAMANAらくがき。
7さんのポーズは4巻の表紙のアレです。エースも描きたかったんだけど時間切れでした。
スパロボ新作情報を人伝いにぼやーっと聞いてたのを、そろそろ自分でも公式チェックしようかって見にいったらば主人公機のデザインが清水先生だったのでマジでー!!!ってなってます。マジンガーにすっかり気をとられていたので気づいてなかった・・・
ウルトラとゲッターの新刊は来月かなぁと大変楽しみにしているのですが、しかし先生方いつ寝てるんだろう。
あのスピードと生産力は正直羨ましいし見習いたいです。

 

161114

ヤマトも楽しみに待ってる。
これは気が向いたらもうちょっとちゃんと描きたいです。

 

武装錬金は8巻まで消化しました。
わりきっていた事ではありますがめっちゃ面白いし、これあと2巻で終わっちゃうの勿体ないよー。

Categories: blog Tags: , ,

ぐだ

t160602

定期的にやってくる鋼鉄神ジーグもっかい見たい波。
鋼鉄神は全然何も知らないも同然で視聴をはじめてあのいかにも感をいいねいいねぇと思ってのほほんとしていたら後半の怒涛の展開に綺麗に持っていかれて、何だかとてもアッという間のアニメだったんですよね。視聴後にこんなに面白いロボットアニメを今まで見てなかったのかよー、マジかよー。みたいな。うわーめっちゃ面白かった!!!ていう満足感が個人的には物凄くあったがゆえに語ることが特に何もないというタイプの作品です。鋼鉄神。
いや語れって言われたらすっかりおばあちゃんになったミッチーの手を取る「帰ってきたよ、ミッチー」あたりとかはやっぱ特に話したい所ではありますが、でもやっぱりいいからアニメ見てくれ以外言うことないかなぁ。ダブルヒーローものとしてもとてもよくてできた作品でした。BD再販してくれたら買うんだけどなー。

 

t160602b

それはそうとULTRAMANの新刊が来月だそうで、もう半年経過するのか・・・と時間の経過におののきつつも非常に楽しみにしておりまして。
地元の本屋には入るはずなんですけど、7巻の時に店頭で見つからず1ヶ月くらい新刊難民だったので密林頼みにするかどうかちょっとどうしよう。でもできるだけ地元の本屋で買いたい。
ウルトラは円谷ツイッターでヒーローズ7月号で光太郎出るよ!という情報が出てるのに気づいてマジかよーーーーーーーーーーーーーー!!!とテンションだだあがり中なんですけど、一体何光太郎なのかはさておきそれはつまりそういう事というか、フラグだと期待しても、いいんですね・・・?という。
7巻が個人的に物凄く熱かったので前の話とかちびちび読み直しているのですが、今見ると5巻の「自分達より劣った生物にあわせるなんて所詮は無理な話だ」のくだりにああなるほどそれはそういう・・・という。グッときますね。

 

日中の具合の悪さというのがなんか日増しに悪化してる気がしてならないウィダーゼリー生活が3日目なのでちょっとアカンなと思います。

Categories: blog Tags: ,

ウルトラ7巻

ULTRAMAN7巻めっちゃ面白かったー!
というわけで7巻の感想と軽くウルトラらくがきを追記に。
隙あらばULTRAMAN面白いですよって人にすすめるんですけど、ウルトラマンシリーズという特撮作品を知らなくてもこれ単品で十分楽しめる漫画だと思います。思いますが、でもウルトラの知識がある程度あれば多方面からぐぐっと熱くなれる漫画なので特撮の方も機会があれば是非、という。
仮面ライダーを見てる人は結構いつでも一定数周りにいらっしゃるんですが、ウルトラマン見てる人びっくりするくらいいなくてさみしいんだよー。
ULTRAMANはweb上でもモーションコミックで見れるので試し読み気分でどうですか。

ULTRAMAN 1話

個人的にジャックにCV藤原啓治あててくるのずるすぎてぼくはしんだ。

 

Read More

Categories: blog Tags: ,